仮想通貨の狼狽売りを懸念、OnChainFX上のデータとの相関性とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨の狼狽売りを懸念、OnChainFX上のデータとの相関性とは
 

仮想通貨の狼狽売りを懸念、OnChainFX上のデータとの相関性とは

トークンの狼狽売りへの懸念
仮想通貨研究者のKeven Rooke氏がTwitter上で自身が作成したデータに基づいてトークンの狼狽売りへの懸念を示したが、その意見やデータに対して多くの反論・提案が投げかけられた。

Rooke氏のツイートに対して多くのコメントが寄せられました。

彼の意見が妥当であると信じる者もいましたが、考察の勘所や元となったデータに疑問を呈する者もいました。

Rooke氏作成のインデックスと仮想通貨の24時間取引高を比較したところ、かなりの対応関係が見られました。

しかし、Dogecoinの24時間における取引額は3700万ドル(41億円)を切っており、XRP、Bitcoin Cash、EOSなど計16通貨の取引額を下回っています。

Rooke氏のインデックスは、取引額ではなく取引を行っているユーザーの数を示しています。

OnChainFXが、XRPは24時間のアクティブアドレスに関するデータがないと示したからです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B