仮想通貨暴落劇にインサイダー疑惑も:AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨暴落劇にインサイダー疑惑も:AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知
 

仮想通貨暴落劇にインサイダー疑惑も:AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知

AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知か
上昇傾向にあったビットコイン価格が突如大暴落し、仮想通貨市場で投資家の混乱を招いている。下落を示唆する”予兆”がなかったか、データサイエンティストと市場アナリストチームの合同リサーチで浮かび上がった異常な動きとは。
センチメント分析とは
市場参加者のマーケットに対する強気や弱気などの市場心理を調査して、それを元に行なう相場の分析のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

そしてショートポジションが取られた僅か数日後、ネガティブなニュースが続出したのです。トップアナリストは、なぜ1万BTC(約80億円)ものショートポジションをこうも早く取れるのか、疑問を呈していました。

ゴールドマン・サックスの情報を事前に察知した市場関係者が、1万BTCのショートポジションを取り、約2日の間隔を置いた後、「ゴールドマン・サックスが仮想通貨から手を引く」との発表した可能性があると邪推する人々もいます。

これは、ただの推測に過ぎませんが、新しいAIテクノロジーが仮想通貨市場を注意深く見張っており、意図的な市場操作を示唆する証拠が浮上しているため、議論の余地があるのです。

仮想通貨市場暴落の経緯

昨晩、「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン」を筆頭とした仮想通貨が急落した際、トレーダーは異例な動きの背景を探っていました。

そんな中、ゴールドマン・サックスが、期待されていた「仮想通貨取引デスク」の開発を中断すると発表したことが判明したため、インサイダー取引の疑惑や、機関投資家が相場操縦を行い、安く買い叩こうとしているのでは?とする憶測が、コメント欄に殺到しました。

売りシグナルは出ていたのか

AIベースの仮想通貨シグナルプラットフォームである、RoninAIのデータサイエンティストと市場アナリストチームは、下落を示唆する兆候(売りシグナル)が事前に起きていたか、状況を詳しく調べました。

その後3日間、似たような散発的なセンチメントの不可解な増加がしばしば発生しており、その都度AIアルゴリズムが反応していたことが見られます。

このチャートは、市場の強気や弱気よりも、本来は存在すべきでない人為的な動きが突然起きた事を示しています。

下落前の最後の数時間を見てみると、平均値から標準偏差3を超える(統計学的に起こる確率が0.3%以下)センチメントの急上昇がはっきり見て取れます。

通常、このような急増は、自然発生しないと過去のデータが示しています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B