仮想通貨ICOの資金調達額が2018年最低記録を更新|その背景とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ICOの資金調達額が2018年最低記録を更新|その背景とは
 

仮想通貨ICOの資金調達額が2018年最低記録を更新|その背景とは

8月ICO資金調達額が今年最低を更新
ICOBoxが仮想通貨のトークンセールやICOで調達された資金額が8月に1週間での合計の最低額を更新した。ICOの状況や各国の規制体制にも触れる。

ICO

ICOBoxの広報担当者は、先週ICOを行なった36のプロジェクトの内、4つのみが資金調達額を開示しなかった点を挙げ、この事から大半のプロジェクトが目標金額、又は最低資金調達額でさえ到達しなかった可能性を指摘。

先週、最高調達額を記録したFondocoinというプロジェクトは600万ドル(約6.6億円)を調達したものの、目標の3400万ドルの18%しか調達できませんでした。

先月20日から27日の期間はイーサリアムの価格が3万円台で推移している中ICOのトークンセールは続けられている為、イーサ(ETH)の利用が控えられているとも予想できます。

なおイーサリアムは、昨夜のゴールドマンサックス関連の下落の影響で1年間での最低価格を更新しています。

7月にはEOS(イオス)が一年近く続いたICOを完了し、約40億ドルの資金調達に成功、7月調達額の95%を占めるなど、大きな資金調達額の増加が見られています。

まとまりつつある各国のICO規制

6月にはアメリカの証券取引委員会でビットコインやイーサリアムは証券ではないという判決が下されました。

しかし同委員会の委員長を務めるJay Clayton氏は

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B