分散型取引所IDEXがニューヨーク向けのサービスを中止、オフチェーン型の課題が指摘される

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

分散型取引所IDEXがニューヨーク向けのサービスを中止、オフチェーン型の課題が指摘される

分散型取引所IDEXがニューヨーク向けのサービスを中止、オフチェーン型の課題が指摘される

最近、イーサリアムベースの分散型取引所IDEX(アイデックス)は、ニューヨーク州のIPアドレスを持つユーザー向けに、取引サービスを提供しないことを発表しました。

10月25日午後6時(UTC)に、ニューヨークのユーザーはIDEXで注文できなくなります、と公式ツイッターで発表しました。また注文キャンセルと出金指示には以後も対応すると付け加えています。

同様の処置として、IDEXはワシントン州と北朝鮮のユーザーに取引を禁じてきました。9月20日付けで最終更新された利用規約に以下のように記載があります;

「前述の管轄区域のいずれかからサービスを利用していることが判明したユーザーは、アカウントへのアクセスを失うことになります。ダイレクト出金機能が有効になるまで、ユーザーの資産は凍結されます。その後ユーザーはIDEXのコントラクトと直接、資産の引き出し通信は利用できます。」

暗号コミュニティの間で論争の的となった「BitLicense(ビットライセンス)」枠組みを発効したニューヨーク州は、暗号通貨取引所にとっては最も厳格な規制体制を取る管轄地域の一つです。ニューヨーク州を拠点に、ニューヨーク住民にサービスを提供する事業者は限られています。

仮想通貨取引所に対するハッキングの増加のために、トレーダーが資産を手元で保管しながらトレードできる分散型取引所の需要が高まっていました。バイナンス、OKEx、Huobi(フオビ)等、主要な中央型取引所はDEXの開発を公言しており、おそらく最終的に分散型取引所(DEX)に置き換えるのではないかと見られています。

今回、DEXプロバイダーが特定エリアのユーザーを制限できるという事実は、分散型取引所の定義に疑問を提起しています。

IDEXはパナマで登録されたAurora Labs S.A.によって運営されています。TokenDataによると、Aurora Labs社は1月に終了したICO(イニシャル・コイン・オファリング)で530万ドルを調達しました。CoinMarketCapによると、IDEXの24時間の出来高は約200万ドルで市場で第114位にランクしています。

Aurora Labs社はIDEXを分散型取引所(DEX)と表現していますが、厳密には個々の取引オーダーは中央管理型のオフ・チェーン・インフラストラクチャに依存しています。つまりイーサリアムブロックチェーンのマイニングを待つ必要がない。一方で、IDEXのスマートコントラクトは、オフチェーンのトレーディングデータに基づいて、トラストレスに資金を保管し、資金を決済します。

「取引マッチングを実行(環境)から切り離すことにより、IDEXは中央型取引所のスピードやユーザーエクスペリエンスと、イーサリアム・ブロックチェーンのセキュリティや監査機能を提供します。」と同社は説明しています。

IDEXのハイブリッドモデルは、他の分散型取引プラットフォームよりもユーザーエクスペリエンスを向上させる一方、資産をユーザーの管理下に置く重要な機能を実現します。しかし同時に、IDEXは「署名済み取引をイーサリアムに提出する」権限を与えられた唯一のエンティティである必要があります。そのため、ニューヨーク州のような厳しい規制当局に脆弱になる可能性があります。

結果、完全に分散されたサービスを望むトレーダーは、オフチェーンサービスへの依存度が低いサービスを選択する必要がありそうです。メディアCCNはIDEXにコメントを求めており、返信があり次第追記される予定です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B