北朝鮮が仮想通貨の「ミキシング」、「シフティング」で2億ドルを調達した可能性:サイバー インテリジェンス調査員語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

北朝鮮が仮想通貨の「ミキシング」、「シフティング」で2億ドルを調達した可能性:サイバー インテリジェンス調査員語る

北朝鮮が仮想通貨の「ミキシング」、「シフティング」で2億ドルを調達した可能性:サイバー インテリジェンス調査員語る

サイバーセキュリティー/反マネーロンダリングの専門家が、北朝鮮による仮想通貨を利用した外貨(主に米ドル)獲得方法を説明しました。
北朝鮮は、核開発計画の資金調達に仮想通貨を利用していると考えられています。

ワシントンを拠点とする2つ二人の金融インテリジェンス専門家によると、米国主導の経済制裁を避けるために北朝鮮が仮想通貨を利用するケースが増えているということです。ミランダフィンインテル・コンサルティング(MirandaFinIntel Consulting)社の経営パートナーであるローズ C ミランダ(Lourdes C. Miranda)氏は、アジアタイムズ紙の取材に対し、北朝鮮が「既存の仮想通貨の取引と独自の仮想通貨の開発」を行っていると語っています。

ミランダ氏と親しい公認反マネーロンダリング専門家のロス デルストン(Ross Delston)氏は、書面によるアジアタイムズ紙への回答で、「国際犯罪者のご多分に漏れず、北朝鮮は仮想通貨を好んでいます」と語っています。

デルストン、ミランダ両氏は、書面による回答で、デジタル通貨は北朝鮮が「米国との銀行取引関係を持つ国際金融機関を悪用し、マネーロンダリング サイクルのミラーリングを用いて複数の仮想通貨取引所を利用したミキシングやシフティングを行うことを容易にしてしまった」と語っています。

さらに、「北朝鮮にはすでに、独自の仮想通貨の作成やビットコインなどの既存通貨を使用する能力があります。また、独自の仮想通貨を持つことは、匿名通信を使用してインターネット上でユーザーの位置情報と使用状況を隠し、非敵対国家を装ってオンラインアカウントを開設する技術の開発にも繋がります」と述べています。

北朝鮮が独自の仮想通貨を使用して複数の取引を操作することは可能なのでしょうか?サイバー セキュリティ アナリストである両氏は、「隠れ家」を利用して受信者/送信者情報を改ざんし、彼らを信頼できる情報源に見せかけることは可能だと述べています。

さらに両氏は、独自通貨のウォレットを世界中の取引所に開設し、ウォレット間でデジタル通貨の転送を繰り返せば、北朝鮮は経済・貿易制裁を回避することができると説明しています。

ほとんどのオンライン仮想通貨(ホット)ウォレットは個人を特定できる情報 (PII)を必要としないため、
「北朝鮮は、匿名通信と独自のブロックチェーンを利用することにより、ロシアベースのサービスを利用してオンラインウォレットを開設し、ブルガリアベースのウォレットサービスに仮想通貨を転送し、ギリシャベースのウォレットサービスを介して再転送することができるのです」

両氏は、仮想通貨を簡単に転送することができれば、ヨーロッパなどを拠点とし、合法的な PII を持つ北朝鮮のパートナーのマイナーにデジタル通貨を転送することができ、不正なマネーロンダリングが可能だと述べています。

インテリジェンスの専門家の両氏はさらに、北朝鮮のパートナーが、米国の金融機関で仮想通貨のミキシング、シフティング、交換を行うことでマネーロンダリングが可能だと指摘しています。両氏は「ミキシング」についてこう説明します。

「ミキシングとは、仮想通貨を転送すると同時に異なる種類の仮想通貨を受け取るという手法です。つまり、100ドル分の仮想通貨を複数の異なる仮想通貨の合計100ドル分と交換するということです」

両氏は、「北朝鮮は複数の国際ミキシングサービスを利用して、獲得したビットコインを分割し、その後、「シフティング」サービスを利用してイーサリアム(ETH) やライトコイン(LTC)などの主要な仮想通貨とビットコインを交換するのです」と説明しています。

両氏は、このプロセスがブロックチェーンネットワーク上の「トランザクションのパターンを打ち破り」、「資金源を隠す」ことができると主張しています。「ミキシング」と「シフティング」に成功すれば、仮想通貨は容易に現実通貨に交換できるのです。

北朝鮮は現在、元米国国家安全保障局のプリシラ モリウチ(Priscilla Moriuchi)氏は、2月にVox誌の取材で、北朝鮮がすでに同様の操作を行っており、仮想通貨の作成と売却により、「2億ドルを調達する」可能性があると述べています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B