半年間で25倍の成長率に:ビットコインのライトニングネットワークが順調に拡大

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

半年間で25倍の成長率に:ビットコインのライトニングネットワークが順調に拡大
 

半年間で25倍の成長率に:ビットコインのライトニングネットワークが順調に拡大

1MLのライトニングネットワークデータ
ビットコインライトニングネットワークの専門検索、分析サイトである「1ML」にて、ネットワークキャパシティが100BTCを上回り、ノード数、チャネルともに前月比で大幅上昇。順調に拡大中であることが明らかになった。
ライトニングネットワークとは
ビットコインのスケーラビリティ問題解決のため、取引承認をブロック以外でも可能にする、パブリックブロックチェーンの2nd Layerに当たる技術。
直接繋がりのない2者間でのマイクロペイメント(1円以下の小額送金・少額決済)を実現することができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

1MLのライトニングネットワークデータ

ライトニングネットワーク専門の分析、検索エンジンであるウェブサイト「1ML」によると、ビットコインライトニングネットワークのキャパシティが遂に100BTCを超え、ノード数が3,350ノード、チャネルの数も12,000チャネルを上回るなど、急速に拡大を続けていることが明らかになりました。

そのキャパシティ、ノード数、チャネル数は、前月比でそれぞれ+7%、+10.39%、+44%の上昇を記録しています。

ビットコインは、その手数料の高騰からマイクロ決済に向いていないとされていましたが、ライトニングネットワーク実現によって、手数料が大幅削減でき、日常生活の支払いなどに重宝されるマイクロ決済を行うことが出来るようになるとされています。

Kevin Rooke氏のTwitter(@kerooke)で投稿された下の図を見ても分かる通り、今年2018年2月1日には、キャパシティが僅か4BTCだったことから、約半年間で25倍もの成長を遂げていることは、非常に注目すべき関心の高まりであると言えるでしょう。

ライトニングネットワークの発展

しかし、仮想通貨ライトコイン(LTC)の創業者であるCharlie Lee氏は、自身のTwitter(@SatoshiLite)にて、今後のライトニングネットワークの普及について、以下のように示唆しました。

仮想通貨でプリペイド携帯支払いを受け付けるBitrefillのCEOを務めるSergey Kotliar氏は、ライトニングネットワークがスケーラビリティ問題の永久的な解決策になることは難しいと語る一方で、仮想通貨の機能を10倍、または100倍ほど高め、次なる解決策が見つかるまでのつなぎの役割としては十分に機能すると主張しました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B