取引所CoinEx(コインイーエックス)がビットコインキャッシュ(BCH)のフォークコインBSVの配布を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

取引所CoinEx(コインイーエックス)がビットコインキャッシュ(BCH)のフォークコインBSVの配布を発表

取引所CoinEx(コインイーエックス)がビットコインキャッシュ(BCH)のフォークコインBSVの配布を発表

1日、CoinEx(コインイーエックス)は9月第1週中に予定されるビットコインキャッシュ(BCH)のフォークコイン「ビットコインSV(BSV)」を付与することを発表しました。CoinEx上のビットコインキャッシュ保有者は、BCHの資産に対してBSVを1対1の割合で受け取ることになります。

ビットコインSV(BSV)は、ビットコインキャッシュ(BCH)プロトコルの変更版です。明確な日時は不明ですが、9月第1週の潜在的な期間中にBCH残高のスナップショットが作成され、各口座に1:1の割合でフォークコインBSVが配布されます。CoinExはフォーク後、BSV / BCH取引ペアをリリースし、BSVを売買できるようにするという。

8月16日、ブロックチェーン技術開発企業nChain社は、ビットコインキャッシュ(BCH)のフォーク、ビットコインSV(BSV)の作成を発表しました。プロジェクト名のSVは「サトシ・ビジョン」に由来。ビットコインの開発者サトシ・ナカモトのビジョンを実現するというプロジェクトの使命を反映しています。

ビットコインSV(BSV)プロジェクトは、BCHマイナーのCoinGeek(コインギーク)社やその他マイナーの要請により、nChain主導で進められています。8月13日、CoinGeek.comのオーナーであるカルビン・エア氏はBCHハッシュ・パワーを使用して、サトシ・ビジョンと一致するビットコインプロトコルの方向性をサポートすると発表しました。同社は過去7日間のBCHマイニングプールでトップの25%を占める採掘プールです。

ロードマップによると、9月第1週のビットコインSV(BSV)リリースでは、まずはセキュリティとベストプラクティス確立を最優先事項として以下のような更新を予定しています。

1、4種類のオリジナルサトシ・オペコードの復元
2、スクリプトごと201オペコードの制限の削除
3、最大ブロックサイズを128 MBに拡張

ビットコインSV開発チームはnChain社の人材を中心に構成。CoinGeekもプロジェクトにBCH開発の専門性をサポートするリソースを提供します。

CoinGeekとnChainは多大なコストをかけて外部企業に、コードベースの完全なセキュリティ監査を依頼します。これらは、ビットコインキャッシュ(BCH)エコシステム全体の利益を目的としていると強調しています。nChainグループCEOジミー・グエン氏は次のように述べています。

「これはビットコインBCHの前進にとってエキサイティングで、非常に重要な時です。私たちはビットコインSVのプロジェクトで世界中のグループと協力して、共通の目標“ビットコイン・オリジナルのサトシビジョンをグローバルな現実にする”を達成することを楽しみにしています。」

CoinExはユーザーに対して、ビットコインSV(BSV)にリプレイプロテクション機能が欠けている点を注意喚起しています。フォークによってブロックチェーンが分岐し、異なる 2 つの台帳に分かれた場合に、片方のトランザクションが他方でも有効となります。これを悪用して送金者の意図しない台帳上で資産移動させてしまう可能性を指摘しています(リプレイ攻撃)。

CoinExはリプレイプロテクションがない場合でも、取引所においてはBSVの資産を保護すると宣言しています。

「私たちは顧客の資産を100%保護し、約束どおりフォーク資産(BSV)を受け取ることを保証します。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B