合計1.45兆円の規模に達したERC20トークン、どれが拡大しているのか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

合計1.45兆円の規模に達したERC20トークン、どれが拡大しているのか?

合計1.45兆円の規模に達したERC20トークン、どれが拡大しているのか?

暗号通貨市場全体が横ばいな中で、イーサリアムのERC20トークンの合計時価総額が、8月の110億ドルから、128億ドルに拡大した事がTrustnodeに報じられました。Santiment独自の調べによると、8月から10月にかけてイーサリアムの時価総額に占める“全ての”ERC20トークンの割合は、40%から61%に上昇している様です。

時価総額を上げていそうな代表的なERC20トークンの一つにMakerDAO(MKR)があります。実際にMKRの時価総額は8月5日時点の410億円から509億円に24%増加しています。一方、意外にも最近Coinbaseへ上場した0x(ZRX)は、562億円から492億円に規模を縮小させています。今後Coinbaseへの上場が期待されるベーシック・アテンション・トークン(BAT)でさえ、278億円から281億円と横ばいです。

それでは、一体どのトークンが規模を拡大したのか、少し確認したいと思います。Trustnodeは、ERC20トークンの時価総額上位22種類を以下のようにリストアップしていました。以降は全て米ドル($)表記となります。

そこで、上記22のリストに対象を絞って、コインマーケットキャップのアーカイブをもとに、8月5日時点と現在の時価総額と価格を比較しました。それが以下のデータです。

先述のようにSantimentによると、イーサリアムの時価総額に占める“全ての”ERC20トークンの割合は、8月の40%から10月に61%に上昇しています。しかし、あくまで上記22トークンは意外にも時価総額の合計値を落としています。また、イーサリアムと比較すると、15.4%から26.7%に拡大しています。

さらに、22のリストについて時価総額が増加したトークンをソートすると以下の表になります。

ステーブルコインTrueUSD(TUSD)と、インスタント暗号通貨ローンのNexoが時価総額を2倍以上に拡大している事がわかりました。

一方で、61%のうち26.7%しか把握できていない事を踏まえると、上記22リスト以外にも主要なERC20トークンがまだまだありそうです。主な候補はERC20ベースのステーブルコインDAI($67,313,843)等でしょう。Santimentが含めた市場全てのERC20トークンリストは公開されていません。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B