国際送金会社TransferGoが米リップル社のブロックチェーン技術を使用:インド市場の普及率を後押し

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国際送金会社TransferGoが米リップル社のブロックチェーン技術を使用:インド市場の普及率を後押し
 

国際送金会社TransferGoが米リップル社のブロックチェーン技術を使用:インド市場の普及率を後押し

国際送金会社がリップル社のブロックチェーン技術使用
国際送金会社TransferGoが、米リップル社のブロックチェーン技術を使用したリアルタイム国際送金を開始した。数千億円規模の市場とされる「ヨーロッパ→インド」の送金を可能にする。

国際送金会社がリップル社のブロックチェーン技術使用

国際送金会社TransferGoは9月5日、米リップル社のブロックチェーン技術を使用したリアルタイム国際送金を開始したことをプレスリリースにて発表しました。

2012年に創業されたTransferGoは、リトアニアとロンドンに拠点を置く国際送金企業であり、そのターゲットとして、母国を離れて働く人々を挙げ、母国の家族に仕送りをする際、モバイル端末、タブレット、コンピュータから週7日24時間問わず送金することのできる、最も利便性が高く、安価な国際送金ソリューションを提供しています。

さらにTransferGoアプリでは、主要仮想通貨ビットコイン (BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の5通貨の売買を行うこともできることで注目されていました。

リップル社のブロックチェーン技術を使用したヨーロッパからインドへの送金方法としては、イギリスの標準時間であるグリニッジ標準時間(GMT)にて、6:30〜15:00の間で対応可能な30分以内の即時送金(TransferGo Now)や、2〜3営業日で着金する無料送金(TransferGo Free)の提供が開始されます。

関係者の発言

プレスリリースでは、xCurrent、xRapid、xViaのどのサービスが使用されるのかまでは明記されませんでした。

このようにブロックチェーン技術を活用し、TransferGoがユーザーに大きな価値の提供を与えることに成功し、同社が今後も同分野におけるサービスの発展を続けていくことが示唆されたことで、さらなる躍進が期待されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B