大手メディアForbesがブロックチェーンニュース「Civil(シビル)」に参画、コンテンツ配信へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大手メディアForbesがブロックチェーンニュース「Civil(シビル)」に参画、コンテンツ配信へ

大手メディアForbesがブロックチェーンニュース「Civil(シビル)」に参画、コンテンツ配信へ

グローバルなビジネスメディアのForbes(フォーブス)は正式に、ジャーナリズムのためのブロックチェーン新エコノミー・プロジェクト「シビル(Civil)」への移行を模索するという。

Civilの共同設立者Matt Coolidge氏の8日のブログ記事によると、Forbesはブロックチェーンに定期的にコンテンツを公開することを約束している。Forbesのコンテンツは、2019年Q1までに、ブロックチェーンにメタデータを公開し、Civilのサイト「Civil Registry」や「Civil Newsrooms」に他のニュースとともに掲載される予定です。

基本的に、フォーブスはプラットフォーム上に記事のアイデンティティを格納していきます。情報は永久にアーカイブされ、第三者に改ざんは不可能。Forbesは取組の進捗状況を詳細にモニタリングし、今後12ヶ月以内にすべてのコンテンツをCivilの分散ネットワークに公開することを検討していきます。

Forbesの作家や編集者は、Civilのコンテンツ管理システム(CMS)サービス「Bertie」に統合されたブロックチェーンの記事配信ツールを利用して、著者のアイデンティティやソースに関する情報を記録するプロセスを効率化できる。

Forbesはまた、「Bertie」を介してMediumのような他のブログプラットフォームに作品を公開できるよう、スマートコントラクトの使用を検討する可能性を示唆している。

Forbesは、パートナシップの一環として、暗号通貨CVLトークンを所有する。トークンを利用する編集者と記者などフォーブスのスタッフは、Civilのユーザーと直接交流し、購読者の信頼をさらに深めることができます。

Forbesの製品・技術担当SVPサラ・ザラティモ(Salah Zalatimo)氏は、ジャーナリズム産業の今後の在り方を模索しており、視聴者を引きつける方法を見つけるために「実験と実施にフォーカスしている」と語った;

「ForbesとCivilはジャーナリズムの使命を信じており、コンテンツをめぐる前例のない透明性を聴衆に提供できる。ライターのリーチを拡大し、時間の経過とともに新しい収益チャネルを特定できるだろう。」

Forbesブランドは、今日、70カ国以上の40のライセンスを受けたローカル版をウェブと紙で配信している。

Civilはジャーナリズムのためのニューエコノミーを構築しています。そのブロックチェーンベースのプラットフォームは、CVLトークンエコノミーによって、ジャーナリストと、読者の間の新たな関係を築く。仲介人が不要で、ジャーナリストの収益の配分モデルを管理できるサービスを提供している。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B