市場8位の取引所Biboxの元従業員によるプラットフォーム所有権争いが発生

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

市場8位の取引所Biboxの元従業員によるプラットフォーム所有権争いが発生

市場8位の取引所Biboxの元従業員によるプラットフォーム所有権争いが発生

市場でトップ10に入る大規模な暗号通貨取引所Bibox、の管理組織の所有権を巡って、オーナーと元従業員の間で訴訟が勃発している。12日にブルームバーグが報じました。

Biboxの共同創設者Wanlin Wang氏は、元従業員Wei Liu氏を訴えました。Ms. Liuは、Biboxを含む運営組織は自身に属していると主張して、ウェブサイトの記述を勝手に変更するなどしていました。

Bibox Group Holdings Ltdは、英領バージン諸島で登録しているが、事務所はニューヨークにあります。Wangも中国籍のMs. Liuもニューヨーク在住です。同社はデジタル資産取引所に人工知能を適用した最初の企業とアピールしている。取引所Biboxは2017年9月に設立され、現在1日の出来高は約233億円規模で、市場8位にランクしています。

Liu氏の弁護士であるニューヨークのDuval & Stachenfeld LLPの Timothy Pastore(ティモシー・パストール)氏は、Wangによる告訴内容が真実から遠くはないと述べ、一方でLiu氏によるBiboxの経営は正当であると述べています。

Wang氏は昨年12月、Liu氏を新たなベンチャー(Investre Network)の立ち上げを支援するために雇いました。Wang氏の主張によると、WangはMs. Liuに新しいプラットフォーム(Bibox)を所有する企業を含む、2つの法人を設立するよう依頼しました(1*)。

Wangはさらに、自分とビジネスパートナーであるYangchao Yang(ヤンハオ・ヤン)氏を唯一の経営陣のメンバー、及び組織の株主と登記するよう、Liuに指導していた。Wang側の 訴状は以下のように述べています:

“LiuはWangの指示を無視し、自分自身を唯一の経営メンバーおよび株主として秘密裏に登記した。Ms. Liuは意図的に、Investre Networkの不適切なアクセスと経営権を得るために、原告からこの情報を遠ざけた。”

Pastore弁護士は、Liuの所有権を複数主張しています:Biboxのホワイトペーパー、ウェブサイトドメイン、組織の資産のデジタルウォレットの鍵の管理等。

“原告はその作業を一切しなかった。所有権のすべての証は彼女の側にある。”

Pastore弁護士は、Wang氏による所有権の主張や、彼が組織を設立するようMs. Liuに指示したという主張は、あまり正当性が無いと述べている。

Wangの訴状によれば、5月から7月にかけて、原告(Wang)がInvestre Networkのシード投資ラウンドで約300万ドルを調達した。Wangによると、パフォーマンスが悪い事を理由に7月にLiuを解雇した後に、シードのスキームを明かした。これが対立を激化させた。結果、Ms. Liuは、自分が設立した事業体の所有権を主張し、シードマネーのリターンとして50万ドルと2ヶ月分の給与の支払いを要求したという。

Wangがこれを拒否すると、Liuは写真や文書を追加してウェブサイトを改ざんし、自らを「Biboxの事業開発ディレクター」と主張。Liuはさらにサイトから全てのWangの情報を削除して、Liu自身を“Investre Network”の創設者兼CEOと名乗ったという。

Pastore弁護士は、Liuが自身に属するWebサイトで好きなことをする権利があると主張した。弁護士は8月3日の文書で以下のように書いています:

“Mr.Wangと彼の指示、または支配下にある組織のどちらも、Investr Networkの所有権または経営権を有していないことにご注意ください。代わりに、Investre Networkは、Liu氏が単独で所有し管理する法人Save Technology Inc.の唯一の財産です。”

他の原告にはニューヨークに本拠を置くYangchao Yangの技術会社、Biboxの元オーナーであるCaptain Capital Management LLC、ソウルに本拠を置くデジタル資産投資会社のBlockwater Management Ltdなどがあります。

(1*)設立された事業体は、Investre Networkの運営組織である英領ヴァージン諸島にあるSave Technology Inc.と、子会社Bibox Technology LLCです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B