年末に向け、財務省が「仮想通貨の税金逃れ」に関する対策を強化|日経新聞が報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

年末に向け、財務省が「仮想通貨の税金逃れ」に関する対策を強化|日経新聞が報道
 

年末に向け、財務省が「仮想通貨の税金逃れ」に関する対策を強化|日経新聞が報道

財務省が仮想通貨課税漏れの対策強化へ
財務省が、ビットコインなど取引の損益で生じた仮想通貨の所得税の課税漏れを防ぐべく対策強化へ乗り出すことが日経新聞の報道で明らかになった。

仮想通貨課税漏れの対策強化へ

日経新聞の報道で、財務省が仮想通貨の所得税の課税漏れを防ぐべく対策強化へ乗り出すことが明らかになった。

今回報道された動きのなかで、特に注目される新たな申告漏れ対策強化案は、以下の3点だ。

また、源泉徴収を仮想通貨取引所が担うシステムは、すでに株式の特定口座でも導入されているシステムだ。

基本的に売買損益が一定水準以上ある場合、株式でも確定申告が必要となるが、「源泉徴収ありの特定口座」で株や投信の売買する場合、取引所が投資家の代わりに自動で納税を行うシステムとなる。

「仮想通貨の納税」に関する最新資料も

これに先駆け、財務省は24日、第1回「納税環境整備に関する専門家会合」における、『納税実務等を巡る近年の環境変化への対応について』と題する会議資料を公開している。

なお、一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会による、「納税環境整備に関する専門家会合」関連資料では、以下のように記載しており、煩雑な手続きを簡略化することで、納税漏れの件数を極力減らすことを目指している。

仮想通貨の税金とその問題点

仮想通貨にかかる税金といえば、2016年に資金決済法が改正、2017年4月に施行された改正資金決済法で、仮想通貨が正式に「通貨」として定義されたことによって、仮想通貨を決済利用した際の税金こそ非課税になったものの、仮想通貨トレードによる利益の所得区分は「雑所得」に振り分けられ、最大で所得税45%、住民税10%の55%という、損失も伴う取引マーケットの税率としては極めて高い状況にある。

納税対象者は

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B