弱気相場でも超強気なビットコイン価格予想を継続するTim Draper氏|理由は世界的経済危機

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

弱気相場でも超強気なビットコイン価格予想を継続するTim Draper氏|理由は世界的経済危機
 

弱気相場でも超強気なビットコイン価格予想を継続するTim Draper氏|理由は世界的経済危機

強気な姿勢を一貫
今月10月末に開催されたCrypto Invest SummitにベンチャーキャピタリストのTim Draper氏が「ビットコイン価格が2022年までに2800万円に高騰する」と、弱気相場でも依然強気な姿勢を示した。
各国の規制環境について
Tim氏は、各国の仮想通貨規制についても言及し、仮想通貨禁止を行なった中国は、仮想通貨取引所Binanceを始めとする多くの起業家を失い、機会損失を被っていると述べた。

強気な姿勢を一貫するTim Draper氏

ベンチャーキャピタリストで億万長者のTim Draper氏(以下、Tim氏)がロサンゼルスで10月22日から24日にかけて開催されたCrypto Invest Summitに登壇し、「ビットコイン価格は2022年までに250,000ドル(約2800万円)に高騰する」という強気の予想を継続する姿勢を示した。

その中でTim氏は、2022年までに仮想通貨市場の時価総額は10兆ドル(約1100兆円)に達し、ビットコインだけでも4兆ドル(約440兆円)規模になると語っている。

特に規制面が強化されたことで、相場は一時的な縮小期のフレーズにあるが、巨大金融企業参入も相次ぎ、市場として次点のフレーズへ向かうとの見方も多く見受けられる。

Tim氏がみる仮想通貨市場

その理由として挙げたのは、世界経済の悪化を背景に、仮想通貨ビットコインが国際的で、非中央集権的な、摩擦のない通貨であるため、中央銀行の信頼を裏付けとする法定通貨よりも優れていることを理由の一つに挙げ、法定通貨の86兆ドル(約9600兆円)での上位5通貨の1つの地位までになると説明した。

要するに、Tim氏は仮想通貨を投機的な動きで見ての予想ではなく、現状経済破綻を起こす国で見受けられるような経済危機の状況から、自国の経済に直接左右されない通貨としての投資的な側面で捉えた予想であることがわかる。

さらに、あらゆる契約がスマートコントラクト上で為され、ビッグデータとなり、そのデータを抽出して人工知能(AI)に読み込ませることで”選択”をさせることができるようになる未来は来ると主張した。

各国の規制環境について

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B