村井純氏と伊藤穰一氏が「ブロックチェーンを使い捨てのバズワードにしてはならない」と呼びかける 〜「いまこそ研究を進めレイヤー構造を確立するべき」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

村井純氏と伊藤穰一氏が「ブロックチェーンを使い捨てのバズワードにしてはならない」と呼びかける 〜「いまこそ研究を進めレイヤー構造を確立するべき」

 2018年6月23日、慶應義塾大学で「第二回BASEアライアンスワークショップ “The 2nd Workshop Basing Blockchain”」が開催された。ブロックチェーンの学術研究に取り組むBASEアライアンス(BASE Alliance)が開催した学術会議である。

 この会議で、村井純氏(慶應義塾大学環境情報学部教授/大学院政策・メディア研究科委員長/慶應義塾大学SFC研究所ブロックチェーン・ラボ代表)は「ブロックチェーンがバズワードとして使い捨てられると危険だ」と語った。また伊藤穰一氏(慶應義塾大学SFC研究所主席所員、MITメディアラボ所長)は「ブロックチェーンや仮想通貨分野は、お金の話ばかり。今はむしろ研究を進め技術のレイヤー(階層型)構造を確立するべき時期だ」と強調した。

村井純氏は「ブロックチェーンがバズワードになると危険」と指摘した

 ブロックチェーン技術は、サトシ・ナカモトという個人のアイデアから生み出され、オープンソース開発者たちがブラッシュアップしてきた。2017年以降に仮想通貨交換所ビジネスが盛んになり仮想通貨の価格が高騰したことで、仮想通貨やブロックチェーンへの注目も高まっている。その一方で、学術的な立場からブロックチェーンを見ると、将来性がある技術だが研究の余地が多く、検証が不十分な部分がまだまだ残されている。村井氏と伊藤氏の発言は、バブルに浮かれず、着実に研究を進めようという強いメッセージを伝えた形となった。

引用元はこちら
当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B