欧州の暗号通貨取引プラットフォームWirexがカナダ進出へ、XRP、LTC等をVisaで購入

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

欧州の暗号通貨取引プラットフォームWirexがカナダ進出へ、XRP、LTC等をVisaで購入

欧州の暗号通貨取引プラットフォームWirexがカナダ進出へ、XRP、LTC等をVisaで購入

9月14日、欧州の暗号通貨取引プラットフォームWirex(ワイレックス)は、カナダで事業を開始する計画を発表しました。カナダの暗号通通貨ユーザーはビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)を法定通貨で購入でき、安い手数料と合理的な為替レートで交換できるようになります。

ロンドンを本拠とするWirex(ワイレックス)は、ウェブサイトによると、欧州経済地域で30カ国、170万の顧客が利用されています。

14日のブログによると、今年8月にカナダのFINTRAC(*1)からMoney Service Business(マネーサービス事業)の許可を取得。これにより、カナダのユーザーが、従来の銀行口座やWirex Visaカードから法定通貨を入金して、暗号通貨と交換して使うことができるようになります。

Wirex(ワイレックス)の基本的なサービスは以下の通りです:
・Wirex Visaカード決済による暗号通貨の購入
・クリプトの入金及び売買
・約50種類のアルトコインから4種の暗号通貨への一方向交換
・USD、GBP、EUR、BTCおよびクリプト間の取引(地域制限有)
・Wirexユーザ間の無料のトランザクション

Wirexは、カナダでの開設予定日やカナダドル(CAD)への対応など、具体的な内容について現在のところ明かしていません。

カナダは暗号通貨にとってなじみが深い国です。初のビットコインATMは2013年にバンクーバーに置かれ、現在までに600台以上がカナダに設置されました。カナダ銀行が実施した調査によると、全カナダ人の5%がビットコインを所有しています。今年3月に、トロント証券取引所(TSX)の運営会社TMX社は、暗号通貨仲介プラットフォームを2018年中に開始する計画を発表しました。TSXの顧客はビットコインとイーサリアムの2つの最も流動性の高い仮想通貨の売買ができるようになります。

「英国と米国が伝統的なブロックチェーン普及のランキングで先行している一方、カナダは依然として世界の暗号通貨市場で非常に重要なプレーヤーである」、と公式ブログは述べています。イーサリアムを設立したヴィタリック・ブテリン氏はロシア―カナダ系であり、カナダの暗号通貨イノベーターの間でレガシィを残してきたと考えられています。

今月、カナダのFirst Block Capital(ファースト・ブロック・キャピタル)は、FBC Bitcoin Trust(ビットコイントラスト)が、同国の証券取引委員会から投資信託として認定された事を発表しました。これにより、カナダの適格投資家は、退職貯蓄口座や非課税貯蓄口座等でBitcoin投資が可能になっていました。

(*1)FINTRAC:カナダ政府の金融情報機関、カナダ金融取引報告分析センター

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B