欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き:ICO基準設定と欧州共通ルールの設立へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き:ICO基準設定と欧州共通ルールの設立へ
 

欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き:ICO基準設定と欧州共通ルールの設立へ

欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き
欧州議会で、ICOに対する新たな規制の基準設定を模索する動きが確認された。影響力の大きい国々のリーダーに対し、ヨーロッパ共通の仮想通貨に対するルールを採用するよう呼びかけるとされている。

欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き

9月7日と8日の両日、欧州連合加盟国28カ国の財務大臣が一堂に介し、仮想通貨が社会にもたらす影響を考慮し、全欧州規模での規制の厳格化が必要かどうかを協議する予定であることが、わかりました。 

ブルームバーグの報道によると、オーストリアのウィーンで開催されるこの会合では、仮想通貨の透明性、資金洗浄や脱税及びテロ活動への資金供与等の不正行為に用いられる可能性について議論されるものとされています。 

また、ロイターの報道では、ブリュッセルに拠点を置くシンクタンクBruegelが作成した、この会合で提起される予定のレポートでは、特に影響力の大きい国々のリーダーに対し、ヨーロッパ共通の仮想通貨に対するルールを採用するよう呼びかけるようです。 

欧州議会は規制基準を策定

一方で、欧州議会の経済金融問題委員会(ECON)では、ICOに対する新たな規制の基準設定を模索する動きがあります。 

この提案は、イギリス選出の欧州議会議員であるAshley Fox氏により作成されたもので、ヨーロッパのクラウドファンディング・プラットフォーム事業者および企業のための規制案のための草案という形をとっています。 

Fox氏によると、この枠組みは、トークンセール(ICO)を規制する機会を与えてくれるものだとして、次のように述べています。

この規制は、規制の要件に準拠する姿勢を証明したいと望むICOに、そのチャンスを与えてくれる。 

ICO市場規制に対する解決策を提示するものではないものの、テクノロジースタートアップ企業にとって、優れた資金調達方法であるICOに対し、基準と保護を課すための、真に望まれているステップとなるだろう。

ICOは「新しく革新的な資金調達方法を提供する」一方で、詐欺の温床となったり、サイバーセキュリティのリスクを高める可能性もあるため、この草案では、800万ユーロ(約10億円)の資金調達額上限を儲けること、また、身元確認や資金洗浄対策を組み入れることを課すことを要件としています。

「立法者として、私たちの目的は、ICOをより実現しやすく、かつ成功するものにしたいということであり、そのための努力をしているということを保証する。」と、Fox氏は、述べています。

また、フランスのスタートアップコミュニティの支援団体である、France Digitaleの代表責任者、Nicolas Brien氏は、この会合の中で、次のように発言しています。

ネガティブな主張も

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B