現ビットコイン相場で重しになっている「三重苦」価格急落で再び分水領に|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

現ビットコイン相場で重しになっている「三重苦」価格急落で再び分水領に|仮想通貨市況
 

現ビットコイン相場で重しになっている「三重苦」価格急落で再び分水領に|仮想通貨市況

仮想通貨市場
15日以降値が動かず、0日平均(青)、60日平均BTC(黒)ボラティリティ指数(USD換算)が、2016年末以降最低水準にまで達していたビットコイン価格についに動きが見られた。底値付近で推移していたビットコインは急落の影響で重要な局面へ置かれている。

ビットコインの値が動かない。何が起きている?と感じる方も多いだろう。

実際、2018年年末まで大きく価格を上昇させたビットコインは、6000ドル付近の底値を守りつつも上値を切り下げて推移している。

現在の相場を言葉で表すと、出来高が極めて低く、目線は下落であるにもかかわらず、落ち切らないという状況であったと言える。

今月15日からレンジ相場が続き、2週間大きな動きを見せない相場となっているビットコイン価格だが、日本時間16時30分頃からbitFlyer BTC/JPYにて赤のサポートラインを一旦割り、下髭をつける動きが確認された。その後、20時過ぎに再度抜けを確認すると下落に傾き、70万円割れの急落を記録した。

2万円幅以上の動きが確認されたのは約半月ぶりとなるが、底値の硬さを示していたビットコインも中・長期の三角保ち合いを形成していたことから、このサポートラインを守りきるかが大きな注目点となるだろう。

仮想通貨トレーダーのハル氏(@kasou365)は、本日の急落について、以下のように解説している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B