米コインベース等の有名企業がワシントンD.C議員へのロビーイング活動の為「ブロックチェーン協会」を設立へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米コインベース等の有名企業がワシントンD.C議員へのロビーイング活動の為「ブロックチェーン協会」を設立へ

米コインベース等の有名企業がワシントンD.C議員へのロビーイング活動の為「ブロックチェーン協会」を設立へ

ブロックチェーン投資ファンド、取引所、スタートアップが、ワシントンD.C議員へのロビー活動を目的とした、ブロックチェーン協会(Blockchain Association)の開設を計画しています。

火曜日のワシントンポストによると、この新たな組織はクリプトスタートアップと議員の間の関係を平滑化する努力の一環として、教育と法律の変更に注力するという。

協会の創設メンバーは、Coinbase(コインベース)、Circle(サークル)、Digital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)、Polychain Capital(ポリチェーンキャピタル)、Protocol Labs(プロトコルラボ)といった企業が並ぶ。

協会の最初の従事者の1人は元上院議員クリスティン・スミス氏で、彼女はOverstock.comブロックチェーンのロビイストでもある。彼女はワシントンポストに、「私はこのスペースで、多くの基本的な教育に多くの時間を費やしてきました。私はこの問題に集中できることに喜んでいます。」と語っています。

さらに、メディアPoliticoはProtocol Labsの弁護士Marvin Ammori氏とHangar社創設者Josh Mendelsohn氏がグループのリーダーシップチームの一員となると報じました。

コインベースの法務・リスク担当Mike Lempres氏はワシントンポストに対し、同組織は企業を集めて、合理的な規制を提唱すると述べています。

「ブロックチェーン協会は、スペースの卓越した企業を一同に集めようと努力している。(議員が)規制を歓迎する企業の声を聞いていることを(我々は)知っている。我々は規制の抜け穴を探すのではなく、長く使用される法的規制システムを開発する企業だ。」

ブロックチェーン協会(Blockchain Association)は、税法と顧客確認(KYC)やアンチマネーロンダリング(AML)と、暗号通貨取引所やスタートアップの関係に特に焦点を当てるという。

ワシントンD.Cに拠点を置くシンクタンク、コインセンター(Coincenter)のエグゼクティブ・ディレクター Jerry Brito氏は、「この組織の開設を喜んでいる。」とポストに語っています。

「私たちが同意していることを提唱する、より多くの声を持つことは良いこと」とJerry氏は語りました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B