米ジェミニ取引所はステーブルコイン(USDG)をいつでも凍結できる:リサーチャー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ジェミニ取引所はステーブルコイン(USDG)をいつでも凍結できる:リサーチャー

米ジェミニ取引所はステーブルコイン(USDG)をいつでも凍結できる:リサーチャー

最近、ウィンクルボス兄弟が設立した暗号通貨取引所Gemini(ジェミニ)に発行されたステーブルコイン(Gemini Dollar)は、暗号通貨を主流の資産クラスとして規制するのに役立つ、いくつかの機能が含まれています。しかし、分散型至上主義者にとってこの仕組みは容易に看過できない仕組みなようです。

今週、ブロックチェーン分析家Alex Lebedが、Gemini Dollar(USDG)のコードレビューを公開しました。Lebed氏は、カストディアン(Gemini)がいつでもUSDGを凍結でき、送金不可にできるメカニズムであると説明しました。

Alex Lebed氏によると、Gemini Dollar(USDG)にはいくつか中央管理機能があると指摘されています。Lebed氏は、別の分散型ステーブルコイン「Stableunit」の創設者でもあります。

「ジェミニのUSDGは、イーサリアム・ブロックチェーンにERC20として実装された新しい中央管理型コインです。(ERC20Proxyコントラクトを使用して)Geminiは、すべてのアカウントをフリーズするか、全トークンを送金させないようにする能力を有します。カストディアン(Geminiのこと)は48時間ごとに、トークンの実装を完全にアップグレードできる。」

Lebed氏は、自分の論理を他人が検証できるよう、参考文献を詳述。コードのレビュー結果を紹介しました。なお、Lebed氏は「この記事のポイントは、読者がスマートコントラクトの制限を理解し、コードからいつでも見つけられるようにすること。」と主張しています。

このメカニズムは驚くべき事ではないかもしれません。ウィンクルボス兄弟は公式発表でGUSDを最初の「信頼され、規制された米ドルのデジタル代替物」と表現しました。これは、GeminiがそのGUSDをメインストリーム金融内に収め、外部への露見を防ぐ意向を示しています。

GUSDのホワイトペーパーによると、「管理場所に格納された現物資産の価値に紐づけられた暗号通貨を発行する事には、信用の要素が含まれ、そのトークンに監視機能が必要である」と主張しています。

「信頼に頼ったシステムの望ましい形には監視が必要です。ステーブルコインにおいて、発行者はライセンスが必要であり、規制監督の対象でなければならない。このことから、透明性と審査はシステムの要件となり、その完全性を保証して市場の信頼を生み出す。Geminiはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)等の監督下で業務を行い、ニューヨーク銀行法およびその他米国の適用法および規制の対象となります。」

ニューヨーク州金融局(NYDFS)は、規制枠組みBitLicense(ビットライセンス)の創設者です。NYDFSはGemini Dollarの承認を発表した文書に以下のように規定しました:

「効果的なリスクベース管理と適切なBSA / AMLとOFAC(1*)コントロールを実装、監視、更新して、Gemini Dollarの標準トークンがマネーロンダリングやテロリストの資金調達に関連して使用されないようにする。」

Lebed氏はGemini Trustがホワイトペーパーでこの事実を隠していないことを注記して、以下のように結論づけています;

「現在、GUSDはスマートコントラクトの進化、特に資産に裏付けられたトークンのベストプラクティスとみなされている。そして、Geminiはホワイトペーパーで明示的に言及することで優れた仕事をしました」

オムニレイヤーを使ってテザー(USDT)を発行するTether Limited社もアカウントをフリーズできる。Gemini Dollarのフリーズ能力について、「それは暗号通貨ではなく、データベースだ」と批判する声も見られる。

(1*)
・BSA(銀行秘密法):犯罪等にかかる不審な資金の入出金を金融機関が当局に報告することを義務付けた法律
・AML(アンチマネーロンダリング):不自然な取引、不正口座取引、反社会的勢力やテロ資金、融資詐欺の排除など、広範囲にわたる規定
・OFAC(財務省外国資産管理室)規制:米国が指定した国や特定の組織などに講じる、取引禁止や資産凍結などの規制措置

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B