米取引所クラーケンCEOジェス氏「仮想通貨市場の時価総額は年内に1兆ドルに到達する」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米取引所クラーケンCEOジェス氏「仮想通貨市場の時価総額は年内に1兆ドルに到達する」

米取引所クラーケンCEOジェス氏「仮想通貨市場の時価総額は年内に1兆ドルに到達する」

ブローカーと取引所は、市場の方向性を推測するのに最適な立場にあります。彼らは投資動向を示すデータに直接アクセスでき、価格予測を並行して行えます。仮想通貨取引所クラーケンCEOのジェス・パウエル氏は、仮想通貨市場の時価総額が年内に1兆ドルに到達すると予測したという。28日にCoingapeが報じました。

パウエル氏は、暗号市場全体の時価総額が1兆ドルに達するとポジティブな声明を発表しました。パウエル氏は、年末に向けて仮想通貨が低価格から回復して大規模な利益を経験すると述べました。主な理由として、今年多くのデジタルコインやその技術がアダプション(普及)を獲得している事を挙げました。また、去年に比べて多くの人々が仮想通貨を認識しています。これらの理由から2018年末までに総市場規模を1兆ドルに推進するだろうと語りました。

ビットコインの提唱者で投資ファンド「ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)」創設者マイク・ノボクラッツ氏は「12月には市場の時価総額が8,000億ドルに達する」、と7月に発言しました。これは現在の(22兆円)の4倍にあたります。ノボクラッツ氏もまた、自身の予測がアダプション(普及)の増加に起因していると語りました。さらにクリプト関連ビジネスの参加者の増加だけでなく、クリプト・カンファレンス会議の出席者も増えている事から、より多くの人々がデジタルコインとその技術に興奮していると述べました。

先週、オンライン投資プラットフォームeToro社CEOのYoni Assia氏は、ここ数カ月間に個人投資家からビットコインやアルトコインに対する一定の需要が見られたと述べています。Assia氏は市場と業界が成熟して将来的な上昇の基盤を確立するために、調整が必要だったと述べました。78%の調整を経てもなお、新興資産クラスとしてのビットコインとアルトコインに対する需要は減少していないと強調しました。

Assia氏はNewsBTCに以下のように話しました;

「市場の調整は、長期的な発展には良いことです。クリプト資産はまだ比較的初期の市場です。このような新興技術はしばしば初期段階でその価値のスウィングを見せます。最近経験した調整は価格を安定させ、業界をより堅固にします。こうした調整にもかかわらず、デジタル資産の需要は大幅に減少していません。」

「市場が成熟するにつれて、より多くの投資家がポートフォリオにクリプトを含めてきており、一方では新しい投資家がクリプト資産を含めるポートフォリオでスタートしています。より多くの人々がクリプト資産の可能性を認識するため、こうした需要はすぐに減速するとは考えていません」とeToro社CEOのYoni Assia氏は語っています。

eToro社の著名なアナリストMati Greenspan(マチ・グリーンスパン)氏は数日前に、eToroプラットフォーム上のビットコインの需要を報告しました。

「価格が下落したにもかかわらず、eToroのクライアントはBTCの持分を減らさず、むしろ増加しています。」

ビットコインへの関心が高まり、メディアの報道がますます増えています。誰もが仮想通貨を所有したいと思っており、価格を落としたことで一般市場の購入が促進されました。より多くの人々が業界に参入すれば、市場は確実に拡大して新しい高値を記録するだろう。Coingapeは報じました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B