米SEC、ビットコインETN等2つの仮想通貨関連商品の一時的な取引停止を決定|ETFとの違いとは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC、ビットコインETN等2つの仮想通貨関連商品の一時的な取引停止を決定|ETFとの違いとは
 

米SEC、ビットコインETN等2つの仮想通貨関連商品の一時的な取引停止を決定|ETFとの違いとは

アメリカ証券取引委員会が仮想通貨関連の2商品の取引を決定
アメリカ証券取引委員会(SEC)は、9日の日曜日、二つの仮想通貨関連の金融商品の取り扱いを停止すると発表しました。これらの商品が市場においてETFかどうかといった混乱させているという理由での措置となった。

ETNとは
Exchange Traded Noteの略。上場投資証券などと呼ばれる上場商品となり、ETF(Exchange Traded Fund)と同様、価格が株式や商品の指数などに連動する商品のこと。

▶️
CoinPost:仮想通貨用語集

米SECが2つのETN取引を一時停止

アメリカ証券取引委員会(以下SEC)は声明で、Bitcoin Tracker OneとEther Tracker Oneの二つのexchange-traded notes(ETN)サービスをアメリカにおいて最低でも9月20日まで停止すると発表しました。

これは、商品がETFにあたるかどうかという点において市場を混乱させているという理由での措置となっています。

この二つのサービス(ETN)は、ビットコインとイーサリアムの価格に指数連動する商品であり、いずれもナスダック ストックホルムに上場、OTC取引にてアメリカでも取引が提供されていました。

ETFとETNの違い

現在ビットコインETFは、米SECの許可で揺れる仮想通貨業界において、話題になることが多くあります。

これらETNは、ユーロかスウェーデン・クローナでの取引が行われており、SECによるビットコインETFを含む規制に乗じた形でドル建て取引の提供が行われていましたが、決済や清算、保管はスウェーデン市場で行われているものでした。

その一方で、複数の違いが見られますが、大きな違いはその裏付け資産の問題です。

このようにETNには、裏付け資産がなく、信用リスクに関して大きな差が生じてきます。

(ここでは基準価格の変動率と指数の変動率によるトラッキングエラーなど、ETFのリスクについては内容を省きます。=ETFにもETNには無いリスクがあるという意)

ETNでは、裏付けの資産が保有されていない上、指数連動は金融機関が保証するため、ETNを発行する金融機関の信用リスクに最も重要なリスクの違いが生じます。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B