経済協力開発機構(OECD)が9月初旬にブロックチェーン・ポリシー・フォーラムを開催

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

経済協力開発機構(OECD)が9月初旬にブロックチェーン・ポリシー・フォーラムを開催

経済協力開発機構(OECD)が9月初旬にブロックチェーン・ポリシー・フォーラムを開催

発表によると、経済協力開発機構(OECD)は9月4日と5日にパリで「OECD ブロックチェーン・ポリシー・フォーラム」を開催する。目的はブロックチェーンの潜在性は発揮し、かつ誤用を避ける適切なポリシーを検討すること。OECDは各利害関係者400名以上の上級意思決定者の招集を見込む。フォーラムの模様はライブ配信されます。

OECD(経済協力開発機構)はヨーロッパ諸国を中心に日・米を含め35ヶ国の先進国が加盟する国際機関です。OECD ブロックチェーン・ポリシー・フォーラムは、以下のようなテーマを検討します。
・グローバル経済へのブロックチェーンの潜在的影響
・プライバシー、サイバーセキュリティの側面
・包括性を高めるブロックチェーンの使用
・グリーン成長と持続可能性を促進
・ガバナンス強化と実習の施行

「ブロックチェーンは、幅広い産業のあり方や機能性を変える可能性を秘めています。その特徴は、透明性とトレーサビリティを高め、市場へのアクセスを容易にし、取引の効率を高めることができます。しかし、ブロックチェーンの可能性はプロセスの完全性に依存している。誤用のリスクに対処しながらこの可能性を発揮させるための適切なポリシーと手段が必要です。」

「政府と国際社会は新たな課題に対応した政策と規制の枠組みを形成し、ブロックチェーンを利用するための基盤として、透明で公正で安定した市場を育成する役割を担っています。」

今年6月、OECD金融・企業競争委員会は、「ブロックチェーン技術と競争政策」という論文を発表しました。この論文は、政府と民間部門のブロックチェーン技術のさまざまな応用の可能性を指摘しています。また、ブロックチェーンの原則について説明しました。

論文は、技術の多くのユースケースについて言及しています。例えば
・税金逃れ対策、その他の法律や規制の執行の支援
・法定通貨に裏付けられた暗号通貨による通貨・財政政策の支援
・デジタル土地権利の作成やその他のレジストリの作成
・市民の個人情報認証と投票
・公共サービスの効率性と透明性向上
・年金や社会保障システム
・安全な患者情報を共有

今年3月、経済協力開発機構(OECD)は、G20加盟国の財務閣僚や中央銀行監督当局に送付した報告書で、仮想通貨や分散型台帳技術などの新技術に対する課税に向けた新たな枠組みへの合意を求めていました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B