調査機関DataLightが「上位取引所のトレードペア数/SNSでコメントの多いコイン」を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

調査機関DataLightが「上位取引所のトレードペア数/SNSでコメントの多いコイン」を発表

調査機関DataLightが「上位取引所のトレードペア数/SNSでコメントの多いコイン」を発表

25日、ブロックチェーン調査機関DataLightが、市場トップ10の暗号通貨取引所のトレードペア数を調査した結果、バイナンス、OKEx、およびHitBTCがリードしている事が明らかになりました。

取引所のトレーディングペアは、サポートする暗号通貨や法定通貨の数と、その組み合わせの豊富さを示しています。賛否両論はありますが、豊富な品ぞろえは、取引所に向かう目的の一つになります。

HitBTCは795の取引ペアを有します。Hitはサポートするアルトコインの数が最も多い様です。しかし同社は、未熟な個人が取引するには心もとない、品質の悪いアルトコインも上場させている事で批判されています。

2位は香港の主要な取引所OKExです。OKExは、現在、プラットフォーム上に約516の取引ペアが上場しています。同社は今月中旬、4種類のステーブルコイン(TUSD、GUSD、USDC、およびPAX)をサポートしました。一方で25日にOKExは、10月末に42トークン・50ペアを上場廃止する事を発表しました。結果、466ペアに減少すると考えられますが、依然としてバイナンスを上回る様です。

388ペアを提供するバイナンスは第3位です。同社は先週、ディークレド(DCR)を上場させました。2017年7月に設立されたバイナンスは1年間で400ペアを上場させました。一方、10月初旬にバイナンスは、4つのコイン(BCN、CHAT、ICN、TRIG)の上場廃止を発表して、論争の的となりました。

DataLightはまた、2つのソーシャルメディアにおける暗号通貨コミュニティのコメント数を分析しました。ビットコインは安定してトップですが、メディアによって投資家の高い関心を集めるコインに違いがあるようです。

1つ目は、討論サイトReddit上のコメント数のランキングです。Redditは、暗号コミュニティで最も人気の高く、情報交換に利用されるソーシャルネットワークの1つです。ビットコイン(BTC)、XRP、ヴィチェーン(VET)が上位3つを占めています。10月初旬にXRPは時価総額がイーサリアム(ETH)を追い抜いて話題となりましたが、コメント数では依然として上回っています。

10月10日からの1週間でTelegram(テレグラム)で最もよく語られたプロジェクトは、ビットコイン、テザー(USDT)、イーサリアムです。10月15日に、テザーは1ドルのパリティを乖離して、市場で大騒動となりました。TrueUSD(TUSD)はテザーの代替候補として語られた可能性が高い。RavenCoin(RVN)はバイナンスへの上場が11日に発表されました。Telegramはレディットよりも即時性の高いツールなのかもしれません。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B