80%の米国人が仮想通貨を認識している、オンライン調査会社YouGov社の調査報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

80%の米国人が仮想通貨を認識している、オンライン調査会社YouGov社の調査報告

80%の米国人が仮想通貨を認識している、オンライン調査会社YouGov社の調査報告

最近の仮想通貨に関する意識調査によると、ミレニアル世代は将来的に仮想通貨が広く受け入れられると楽観的であり、半数近くが仮想通貨を米ドルよりも好んで使用すると考えている様です。

9月6日、米国に200万人の回答者を有するオンライン調査会社YouGov Omnibusは、8月29日と30日に実施した調査結果を報告しました。

調査によると、米国人の79%が少なくとも一種類の仮想通貨を認識しています。トップは、ビットコインで回答者の71%がその名を認識しています。次点のイーサリアムは13%。その他全部で14コインが挙げられました。ライトコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、リップル、モネロ、カルダノ、ステラ、NEO、EOS、XEM、ドージコイン、Midseason/SafeCoin、リスク、Storjcoin。

仮想通貨の意識は男性より女性の方が低い傾向があります。どの仮想通貨も知らない人の割合は女性の27%に対し男性は16%となりました。

すべての回答者の3分の1以上(36%)が、「今後10年間に仮想通貨が正当な支払い手段として広く受け入れられる」と考えています。世代で比較すると、ミレニアルは44%で、ジェネレーションXの34%、ベビーブーマーの29%と比べて最も楽観的な数値となりました。一方で、ほぼ同数(34%)が仮想通貨は「今後10年間で広く受け入れられない」と答えています。

仮想通貨が、より受け入れられると答えた全ての回答者の中で、3分の1(36%)以上が「米ドルの代わりに仮想通貨を使用する」と答えました。一方で、多数(57%)は反対票を投じました。

「米ドルの代わりに仮想通貨を使用する」と答えた割合が最も高かった世代はミレニアルです。彼らは、使用する派48%、使用しない派50%と、ほぼ均等に分かれました。

ビットコインを認識している人の87%は、一度も使用したことがない様です。認識している人のほぼ半分(49%)が購入していなかった事を喜ばしく思っています。15%は早期にビットコインを購入しなかったことに後悔し、時期を逃したと考えています。この点で、35〜54歳の人々の21%が時期を逃したと考えており、55歳以上の11%と比較して傾向が高かった様です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B