11月に迫るビットコインキャッシュハードフォーク|対応方針を海外取引所CoinexとBitasiaexが発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

11月に迫るビットコインキャッシュハードフォーク|対応方針を海外取引所CoinexとBitasiaexが発表
 

11月に迫るビットコインキャッシュハードフォーク|対応方針を海外取引所CoinexとBitasiaexが発表

11月のBCHハードフォークを前に海外大手2取引所が対応方針を相次ぎ発表
2018年11月15日に予定されているBCHのハードフォーク。これに8月末から9月頭にかけて、海外の大手取引所CoinexとBitasiaexが相次いで対応方針を発表した。利用者、投資家、市場、開発コミュニティの各方面に配慮しつつ、立場の違いが見える内容となっている。BCHが11月15日以降どのような状況になるかは、引き続き注視が必要である。
ナカモト・コンセンサスとは
新たなブロックを生成する際に用いられる合意形成アルゴリズム。ブロック生成時、まず新しいブロックを提案するリーダーを選出し、そのリーダーが提案したブロックに他のノードが賛否を示す仕組み。民主的に見えるが、PoWがベースにあり、計算力(=マシンパワー)の高いノードがリーダーに選出されやすい点に課題があるとされる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ハードフォーク自体はいまでは珍しいことではありません。

しかしこの11月のハードフォークはBCHがメジャー通貨であることにに加え、クライアント開発チームのBitcoinABCとNchainの立場の違いが加わって、利用者、採掘者、投資家、あるいはそれらのコミュニティから、大きな注目を集める状況となっています。

Coinexの対応方針

Coinexは2017年12月にBCHを基軸とする世界初の取引所としてオープンしました。

2018年8月時点で、BCH取引高では世界最大規模を誇ります。

その上で、もし分裂によりBitcoin SV(BSV)というBCH非互換の仮想通貨が生まれることになった場合、9月1日のお知らせの中で「責任のある取引所として」次の3つの対応をとることを表明しました。

あわせて、

「BSVがリプレイプロテクション(リプレイアタック対策)を行わない場合には、マイニングプール(採掘所)のViaBTCと連携して利用者の資産保全を行う」

とも表明しています。

Bitasiaexの対応方針

Coinexがお知らせを発表した翌日の9月2日に、Bitasiaexも7つの項目からなる対応方針を発表しました。

(5)Bitasiaexは引き続き状況を見守りたい。かつ、11月のハードフォークには当社として準備を行い、BCH保有者にはその保有量に応じた形で新コインを供給する予定である。

(6)BCHティッカーについては次のルールに従う。(6-1)リプレイプロティションを行う側がティッカーを変更する。(6-2)「最大ブロックチェーン優先原則」:2017年8月1日を起算日としたブロックチェーンが最大のコインをテッカーBCHとする。

(7)Bitasiaexは、ハードフォーク後の仮想通貨もBCH保有者にとって十分なディバティブ資産になると考えている。しかし、ハードフォーク後の仮想通貨の入手(特に分裂が落ち着くまでの間)には不要な投資リスクを冒すことなく、手持ちの仮想通貨により入手するすることを推奨する。

改変か、本家返りか

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B