AI分析に続き、2人投資専門家もビットコイン暴落に「クジラ」の存在を示唆

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

AI分析に続き、2人投資専門家もビットコイン暴落に「クジラ」の存在を示唆
 

AI分析に続き、2人投資専門家もビットコイン暴落に「クジラ」の存在を示唆

二人の専門家も示唆
ビットコインの急落に始まった仮想通貨市場全体の大暴落に関して、AI分析による異常を検知していたが、複数の専門家もそれぞれの意見を元にクジラの存在を示唆した。
クジラとは
経済用語のスラングであり、市場に大きな影響を与えるほどの”巨額マネー”を動かす機関投資家のことを指す。 日本の株式市場では、150兆円規模の運用資産額を有する「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)」を始め、3共済、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険などが、クジラと呼称されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

二人専門家がクジラの存在を示唆

ビットコインの急落に始まった仮想通貨市場全体の大暴落から一夜、値動きは一旦落ち着きを取り戻しています。

そのような2日のビットコインの暴落劇を二人の専門家が分析、本日ゴールドマンサックスの報道は同社CFOから否定されたものの、二人のアナリストは裏で動く怪しい取引に焦点を当てています。

Jared Blikre氏の見解

Yahoo FinanceのアナリストJared Blikre氏はここ2日間のビットコイン下落相場について、以下のように取り上げて説明しました。

そして、ここ2日でおきた異常な下落について、Blikre氏は、

「重要な材料や取引高が少なかったのに、再び大きく落ちたのは、おそらくクジラ(大口)の出没と関係しているかもしれない。約10億ドルに相当するビットコインは4年も放置されていたウォレットから動かされた形跡が見つかってもいる。相場のボラティリティ増幅が予測され、もし6000ドル(執筆時6490ドル【約71万8千円】)を割れば、買い圧力が帰来すると考えられる」

と言及しました。

Tom Lee氏の見解

米国有名仮想通貨アナリスト兼Fundstrat社の代表者Tom Lee氏はアナリストAndy Hoffman氏が取り上げたチャートをリツイートしました。

CNBCの番組でビットコイン相場の展開は?

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B