AI分析ツール事業者RoninAIが今朝のビットコインの急落を「インサイダー取引」と指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

AI分析ツール事業者RoninAIが今朝のビットコインの急落を「インサイダー取引」と指摘

AI分析ツール事業者RoninAIが今朝のビットコインの急落を「インサイダー取引」と指摘

今朝の市場の急落について、AIベースのクリプトデータサイエンティストは市場操作またはインサイダー取引であると指摘しています。直接入手したデータをもとにCCNが報じました。

6日早朝、ゴールドマン・サックスは、規制の枠組みが不明確である事を理由に、暗号通貨のトレーディングデスクを開設する計画を保留すると、ビジネスインサイダーが報じました。ビットコインの価格はこのニュースに6%近く急落、イーサリアムは9%、ライトコインは7.1%、リップルは7.7%減少しました。

AIベースのクリプト・シグナルプラットフォームRoninAIチームのデータサイエンティストと市場アナリストは、急落を取り巻く不審な活動をパトロールするために状況を詳しく調べ、急落直前に異常な指標を複数検出したという。

その一つの指標は、実際の下落が発生する前に散発的に増加したソーシャル・センチメント(感情)です。以下の3日間のチャートは、ソーシャル・センチメントによってボラティリティがしばしば起こり、AIアルゴリズムがそれを検出することを示しています。

このチャートの緑色のグラフは、不自然な急激な活動量の変動を示しています。より拡大して、今日の急落直前の数時間を見てみます。

ソーシャルセンチメントがAIの検出ラインである標準偏差3を超えてスパイクしていますチームの過去のデータによると、これらのスパイクは自然に発生するイベントではないことを意味します。

今朝の標準偏差3ブレイクの発生、RoninAIチームが調査したところ、価格が下落する直前に約10〜15分間のブレイクが観測されました。これらのスパイクの不自然さに加えて、価格下落のタイミングは強い指標であるとされます。

データサイエンティストは、これが市場操作またはインサイダー取引のいずれかであると強く信じています。しかし明白な理由と決定的な結論を出す事については及び腰だとCCNは伝えています。

ウェブサイトによると、RoninAIチームは複数の博士号を含むメンバーで構成され、ソーシャル・センチメントが仮想通貨の価格に与える影響を測定する一連のテストを実施した。一部のツイッターインフルエンサーよりも、発言が少なく活動的でもない多くの暗号投資家の動きに焦点を当て、彼らが価値を置く情報源に基づいている様だ。同社は現在分析ツール「PRO TERMINAL」をプレセール中、499ドルのところ199ドルとお買い得だ。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B