Bakkt CEO ケリー氏がデジタル資産の流動性と信頼性を高める3つのアプローチを説明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakkt CEO ケリー氏がデジタル資産の流動性と信頼性を高める3つのアプローチを説明

Bakkt CEO ケリー氏がデジタル資産の流動性と信頼性を高める3つのアプローチを説明

18日、ニューヨーク証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が8月に発表した新会社Bakkt(バックト)社CEOのKelly Loeffler(ケリー・ルーフラー)氏がブログを更新しました。Bakktがデジタル資産の流動性と信頼性を高め、アクセス可能にするという目標を、どのように達成するか説明しました。

Loeffler氏は、Bakktがこの目標を目指す暗号スペースの唯一のプレイヤーではないと指摘。そして同社が他と異なる3つのアプローチを説明しました:

第1に、Bakktのプラットフォームは「既存の、時間をかけてテストされた先物市場インフラ」を活用して、新プロダクト(現物ビットコインとウェアハウス)を市場に導入することです。

複雑なプロセスが擁される、新たなインフラは立ち上げないという。これにより、既存の先物市場の特徴である「機関上のオンボーディング(整備)とコンプライアンス(1*)」などが、初めて「ビットコインの現物デリバリー(受渡)とウェアハウス」に適応されます。AMLルール順守、市場監視、連邦レベルの報告などが含まれます。

第2に新たなセキュリティスタンダード。ウェアハウス(保管)のデザインとして、コールドストレージや、生態性認証技術など、ハイレベルな技術水準を整備すると述べています。

第3に、市場と情報への新たなアクセスの提供です。BakktのCFTC規制下の現物デリバリーの市場価格は、より多くの情報をリアルタイムで提供し、より高いトランザクション効率を提供するように設計されています。

さらに、機関投資家のコネクティビティと参加要件は、規制されていない現物取引市場(バイナンスなど)の個人投資家のニーズとは異なります。機関に期待される機能には、FIX (電子証券取引)APIアクセスや、統合ティッカーフィード、規制報告機能、参加契約があります。Loeffler氏は以下のように述べています;

「既存の先物エコシステムは、幅広い取引およびリスク管理アプリケーションを備えており、機関のよりシームレスなアクセスを促進するため、ブロックチェーンの第2層として機能します。」

最後に、Loeffler氏はBakktの第一の焦点は「規制された機関投資家による、新興資産クラスの顧客への提供」を支援する事だと強調しています。

Bakktの最初の先物商品は、現物が受け渡される先物契約です。価格は米ドル、英ポンド、ユーロで提示されます。ICEによれば、Bakktの「現物デリバリー・ビットコイン一日先物」は、ICE Futures USによって発行され、ICE Clear USによって清算されます。これらの契約は、ICEの規制されたデジタル資産保管庫に現物ビットコインを納入することになります。

ICFは、米国商品先物取引委員会(CFTC)の承認を前提に、2018年11月にBakktプラットフォームを開始する予定です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B