CoinGateがライトニングネットワークを使ったビットコイン高速決済を4,000の事業者に拡大

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

CoinGateがライトニングネットワークを使ったビットコイン高速決済を4,000の事業者に拡大
 

CoinGateがライトニングネットワークを使ったビットコイン高速決済を4,000の事業者に拡大

Coingateが4,000事業者でライトニング・ネットワーク決済を可能に
リトアニアの仮想通貨決済サービスのCoinGateが、CoinGateプラットフォームを利用する約4,000の事業者に対し、ライトニングネットワークを利用した決済の提供を開始。同社CEOは「まだ立ち上げ間もなく、先進的な利用者、あるいはコアなビットコイン愛好者に向けたもの」と控えめだが、試験段階から協力事業者の好意的なフィードバックが寄せられており、マイクロペイメントの普及に向けた大きな節目になりそうだ。
ライトニング・ネットワークとは
日常的な細々とした支払い/決済(マイクロペイメント)を、ビットコインを使ってより手軽に行えることを目的とした、ビットコインのセカンドレイヤーで機能するオープンソースプロトコル。2015年に研究者のタデウス・ドライジャ氏とジョセフ・プーン氏が発案し、ホワイトペーパーで公表した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークはビットコインネットワークの第2層(セカンドレイヤー)を使った、高速決済を実現するプロトコルです。

平たくいえば中間認証/決済を簡略化します。

結果、ビットコインネットワークでは、コーヒーやキャンディ、チップと行った極めて少額の支払いであっても、平均1秒7件の処理量にとどまり、事業者側も1件当たり10円から20円の手数料を取らないと割に合わない状況でした。

ライトニングネットワークはこれを簡略化し、「アリス→デービッド」のより直接的な決済を実現します。

今回実現するライトニング決済のポイント

より具体的には、CoinGate加盟の事業者とオンライン店舗が「(従来同様の)ビットコイン決済」と「CoinGateのビットコイン→ユーロ/ドル両替サービスを利用した決済」のどちらかを選択できるようになります。

CoinGateの協同創設者でありCEOのDmitrijus Borisenka氏は、次のように述べています。

CoinGateは今年2018年7月1日より、100の事業者で構成されたグループとライトニング研究所(Lightning Labs)の協業により、ライトニングネットワークの統合開発を行ってきました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B