GMOコインが「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始|メリットとデメリット

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

GMOコインが「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始|メリットとデメリット
 

GMOコインが「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始|メリットとデメリット

GMOコインが「板取引」サービスを開始
東証一部上場企業が経営基盤の仮想通貨取引所「GMOコイン」は9月5日、投資家需要の高い「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始した。板取引のメリットと、GMOコインの特長をまとめて掲載している。

GMOコインが板取引サービスを開始

GMOコイン株式会社は9月5日、運営する仮想通貨交換所「GMOコイン」にて、板取引の仮想通貨売買サービスを開始しました。

仮想通貨の売買方法には、大きく分けて「販売所(店頭取引)形式」と「取引所(投資家同士の売買)形式」の2種類が存在します。

取引所から仮想通貨を直接購入できる「販売所形式」は、その性質上スプレッド(購入価格と売却価格の差額のことで、取引する際に発生する手数料の一種)が開きがちで、簡易的にクイックで購入できるメリットがある反面、相対的に手数料が高くなりがちな問題がありました。

取引所形式では、投資家同士が、自分で売買したい価格を設定して注文を出す板取引を行うことが可能です。

買い板と売り板を並べる位置や数量が全て確認できるため、チャート上からは判断できない他の投資家の売買需要を読み取ることができるというメリットがあります。

現物取引のほか、「最大10倍のレバレッジ取引」も可能ですが、「1回あたりの注文は最大2BTC、1日最大1,000BTC(約7億円相当)までしか売買できない」という制限が掛けられています。

GMOコインの特長

GMOコインのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B