Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始
 

Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始

イーサリアムデータセットの提供開始
Googleは、ビッグデータ分析プラットフォームであるGoogle BigQueryにて、新しく仮想通貨イーサリアムのデータセットを公開することを発表した。同社は、2018年2月に仮想通貨ビットコインのデータセットも公開している。
注力される3つの分野
そのデータセットは、「イーサリアム内で人気のあるスマートコントラクト、取引高および、取引ネットワーク、スマートコントラクト機能の分析」という3つの分野に焦点が当てられていることが明らかになっている。
スマートコントラクトとは
日本語で「賢い契約」のこと。 主にイーサリアムプラットフォーム上などで使用されており、ブロックチェーンの記録だけで、自動契約・債務履行まで行うことができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イーサリアムデータセットの提供開始

Googleは、ビッグデータ分析プラットフォームである自社サービスGoogle BigQueryにて、新しく仮想通貨イーサリアムのデータセットを公開することを発表し、公式ブログにて以下のように記述しました。

Googleは、既述の通り今年の2月に、BigQueryにおいて仮想通貨システムの透明性の向上に向けて、そのデータをより容易に活用できることを目的としたビットコインデータセットの提供を開始していました。

さらに、公式ブログでは、既存のイーサリアム開発者APIなどによって、ある特定のアドレスのイーサリアム残高や取引ステータスなどは確認できるものの、そのブロックチェーンに保存されている全ての情報を容易に引き出すことはできないと既存サービスの欠点を指摘しましたが、今回のGoogle BigQueryこそが包括的なデータを容易に引き出すことのできる解決策になることを示唆し、ビジネスにおいて意思決定をする際の指標にもなることを以下のように記述しています。

注力される3つの分野

さらに、以下のように、10以上のCryptoKittiesを所有するアカウントを可視化することもできるとされ、以下の図では、その点の大きさがPageRank、そして、色が所有者を示しています。

そして、イーサリアムブロックチェーンでは多種多様なトークン(ERC20)も取り扱われており、特定の時間軸で、OmoseGO(OMG)などを始めとするトークン毎の送信者、受信者、取引数を可視化することができます。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B