ICOを利用した出口詐欺が過去2年間で約100億円、約半数が資金調達に失敗している実態が明らかに

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ICOを利用した出口詐欺が過去2年間で約100億円、約半数が資金調達に失敗している実態が明らかに
 

ICOを利用した出口詐欺が過去2年間で約100億円、約半数が資金調達に失敗している実態が明らかに

ICOの現実
英GreySpark社のリサーチで、ICOによる資金調達を試みた企業の内、46%が失敗していることが明らかに。その一方、40%の企業が100万ドル超の資金調達に成功するなど二極化しており、より慎重な投資判断が求められる。
ICOとは
「Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開」のこと。資金調達したい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為を指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ICOの厳しい現実

「闇があるからこそ、光は輝く。」

まさに、ICOによる資金調達の達成状況を言い当てているかのようです。

金融市場に特化したコンサルタント企業であるGreySpark社(本社:英ロンドン)が公開したリサーチで、実に46%に上るICOが、全く資金を調達できなかったことが明らかになりました。 しかし、その一方で40%のICOを行った企業が、100万ドル(1億1111万円)を超える資金調達に成功したことも判明しています。

しかし、ICOにより資金調達に成功したとしても、そのプロジェクトが成功することが保証されたわけではありません。

次にグラフの右側は、資金調達に成功したICOに限った1週間ごとの平均利益率です。ICOの一般向けのクラウドセール終了後、6週間目に最も高い利益率が提供されることがこのグラフから読み取れ、成功しているICOから得られる利益は時間の経過とともに増加する傾向があるようです。

GreySpark社はその主な理由として、次の点をあげています。

また、ブロックチェーン情報機関のDiarによるリサーチによると、ICOを利用した出口詐欺が過去2年間で、1億ドル(111億円)にも上っているという驚愕的な事実もあります。 初めからプロダクトを開発する予定もない全くの詐欺行為で、その多くは、他のプロジェクトのホワイトペーパーやサイトをそっくり真似たものであったりと、悪質なもののようです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B