ICO資金調達、8月末に2018年でワーストの週を迎える

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ICO資金調達、8月末に2018年でワーストの週を迎える

ICO資金調達、8月末に2018年でワーストの週を迎える

ICOのコンサルティングサービスを提供し、資金調達を追跡する分析サイトでもあるICOboxによると、最近のICOはかなり減速している様です。8月20日~27日の1週間は、2018年で最も資金が集まらなかったという。Trustnodesが報じました。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング);
デジタルトークンの最初の割り当てのことで、企業の資金調達手段の一つ。格付け会社「ICO Rating」によると、8月末時点、2018年に計680件のプロジェクトが総額88億5,000万ドルをICOで調達していました。

ICO box社のConal Campbell氏は8月末にTrustnodesにこう語っています。

「ICO資金調達について、先週は2018年に入って最悪の週となった。累計で1480万ドルに過ぎない。ICOを完了した36件のうち、わずか4件の新興企業が、最終的な調達金額に関する情報を公表することを決めた。」

資金調達を非公開にする理由は、プロジェクトが単に最小限の目標額(ソフトキャップ)を調達できなかった事を意味します。

今週のトップであるフォンドコイン(Fondocoin)プロジェクトでさえ、目標額600万ドルのほぼ半分しか調達できなかった。Fondocoinは投資家が仮想通貨を迅速に、安全に、有利に取引することを可能にする中央管理型の取引所です。

しかしながら、先週のICO市場が完全にクラッシュしていたわけではない様です。例えば、Bytemineプロジェクトはトークンプレセール中に約3,850万ドルを調達しました。これはその他の全プロジェクト合計の2.5倍以上の金額です。

先週というのは、8月20日から27日までの期間のこと。イーサリアム(ETH)の価格は約270〜290ドルの低水準にあった時期です。

この状況でイーサリアムを購入したいと思う投資家が少ないのかもしれない。ICOスタートアップがトークンセールを行う一方、過去にICOを終えたプロジェクトらは過去7日間に28,709 ETHを売却している(ICO分析会社Santimentデータ)。さらに昨日、Digix Globalは取引所Geminiに約54,000 ETHを送金した(売却するだろう)。

過去にICOを終えたプロジェクトによって約10億ドル相当のイーサリアム(ETH)が依然として保持されている。1日当たり平均15,000〜20,000枚が売却されています。これはマイナーのために毎日の売却量に上乗せされます。

現在の低価格のために、多少は販売量が減少しているかもしれない。一部のICOは価格をあまり気にしないとも述べている。一方、一部の投資家は現在のETHの価格で参加するICOがチャンスであるとも述べている。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B