IMF:仮想通貨の急速な成長が、世界金融に「新たな脆弱性」を引き起し得る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IMF:仮想通貨の急速な成長が、世界金融に「新たな脆弱性」を引き起し得る

IMF:仮想通貨の急速な成長が、世界金融に「新たな脆弱性」を引き起し得る

国際通貨基金(IMF)は、「世界経済の見通し:安定成長への挑戦」という報告書で、暗号資産の急速な成長は、世界金融システムにおいて「新たな脆弱性」を生み出す可能性がある、と主張しました。

全体としてIMFは、2018年から2019年の世界的な成長は2017年の数値の延長線上にあると書いている。しかし、こうしたポジティブな傾向のバランスが崩れる可能性とその要因を指摘しています。

IMFは財政緊張に特化したセクションで、暗号資産について簡略に記述しています;
「暗号資産の急速な成長が、国際金融システムに新たな脆弱性を生み出す可能性があります。」

この記述の直前に、重要な金融インフラストラクチャに対するサイバー攻撃やデジタル侵害が、国境を越えた支払いを抑制し、商品やサービスの流れを妨げる可能性があるため、「追加リスクの発生源」である、と指摘されています。

IMFはまた、世界的な金融シチュエーションの急激な変化に影響する可能性のある、他の要因を列挙しています。国家の混乱、一般的な政治的緊張、規制措置などが含まれます。

世界の当局は、特に人気が高まる暗号通貨へのアプローチを取ろうとしています。そうした最近の活動に基づいて、IMFはより慎重な方法を取っている様です。

9月上旬にIMFは、58ページの報告書を発行して、マーシャル諸島が独自の暗号通貨の発行に向けて検討を進めないよう警告しました。

報告書には第2の法定通貨としての暗号通貨の発行が「マクロ経済と財務の健全性リスクを増加させる」と指摘しました。

6月にIMFの関係者は各国の中央銀行に対し、暗号通貨の市場に注意を払うよう警告する記事を発表しました。中央銀行は潜在的な競争を回避するために、「効果的な金融政策を維持しなければならない」と述べました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B