NEMブロックチェーンを選んだ理由はプロトコルレイヤーでトークン発行できる安全性

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NEMブロックチェーンを選んだ理由はプロトコルレイヤーでトークン発行できる安全性

エンゲート・代表取締役社長の城戸幸一郎氏

 エンゲート株式会社は10月9日、スポーツチームや選手を投げ銭で応援できるNEMのブロックチェーンを応用したギフティング・コミュニティ「エンゲート」ベータ版を10月20日より公開することを発表した。「エンゲート」ベータ版の概要および発表会についてはイベントレポート「スポーツチームとファンをつなぐ投げ銭コミュニティ「エンゲート」、NEMブロックチェーンの活用」にて報告をしているので、一読いただきたい。本稿では、直接エンゲート社に「エンゲート」ベータ版の仕組みについて技術面の話も伺うことができたので、併せてインタビュー記事として紹介していきたい。

 小学生の頃からサッカーをやっていたという自身もスポーツマンのエンゲート・代表取締役社長の城戸幸一郎氏は、北京五輪代表に選ばれた石橋顕選手とは高校の同級生であるという。城戸氏は、石橋顕選手が代表に選ばれた際に、仲間と一緒になって遠征費用を捻出するためにTシャツを売って資金調達をした経験を披露した。それを機に城戸氏は、いつかスポーツ選手への支援をテクノロジーで解決したいと思ったという。

 「エンゲート」は、自分のお気に入りのチームや選手にギフトを送ることができるサービス。ファンは「エンゲート」で試合を観戦したり、購入したポイントを好きなチームや選手の好プレイなどに対してギフティング(投げ銭)で応援ができる。投げられたギフトは、チームの運営費や選手への支援金として支払われる。その履歴がブロックチェーンに記録される仕組みだ。「エンゲート」は、NEMのブロックチェーン技術を使用しているという。

引用元はこちら
当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B