OKCoinにリップル(XRP)やカルダノ(ADA)など5通貨が上場、米ドル,BTC,ETHとペア開設へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

OKCoinにリップル(XRP)やカルダノ(ADA)など5通貨が上場、米ドル,BTC,ETHとペア開設へ

OKCoinにリップル(XRP)やカルダノ(ADA)など5通貨が上場、米ドル,BTC,ETHとペア開設へ

19日、世界有数の暗号通貨取引企業の一つOKCoinは、新たに5種類のコインを上場させた事を発表した。対象は、リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、ステラ(XLM)、ジーキャッシュ(ZEC)と0x(ZRX)。5つの暗号通貨は、ビットコイン、イーサリアムおよびフィアット(米ドル)で取引できるようになる。なお、米ドル取引は現在、CA州に制限されている。取引開始日は未発表です。

OKCoinの米ドルとの取引市場は、カリフォルニア州の住民に限定されている。これまでOKCoinは、BTC、BCH、ETH、ETC、LTCの対米ドル取引市場を提供してきました。今後CA州の投資家は、合計で10種類の暗号通貨をOKCoinで米ドルを使って取引できるようになります。

OKCoinは、米国の21州でトークン対トークンの取引が可能です。今月12日、OKCoinは米業務提供エリアを拡大した事を発表していました。

5つの新しい暗号通貨はビットコインとイーサリアムとの取引市場が設置されます。米国の21州の投資家は、合計で10種類の暗号通貨をOKCoinでBTCとETHを使って取引できるようになります。

OKCoin USAのCEOティム・ビュン(Tim Byun)氏は、「当社は世界的に規制されている取引所として、最も幅広い金融商品群の構築を目指しています。お客様の取引ペアを拡大し、ユーティリティ、価値観、実証可能なユースケースを提供するトークンを取引所にもたらします。」と述べている。

公式ブログによると、OKCoinは世界100カ国以上で数百万人のユーザーを抱える、世界的な規制されたデジタル資産取引所の1つです。2013年に創立されたOKCoinは、デジタル資産の取引プラットフォームをトレーダーおよび機関に提供している。サンフランシスコに本拠を置くOKCoinは、連邦法と州法の両方を完全に遵守していると紹介しています。

同社は12日、カリフォルニア州に加えて対象エリアを21州に拡大したことを発表しました。OKCoinによると現在、トークン対トークン、フィアット対トークンの両方で送金ライセンス(MTL)を申請しており、適時追加の州で各取引の提供を開始する見込みだ。また同社は、2017年11月にFinCEN(米国金融犯罪執行ネットワーク)で、ビットコインの決済処理サービス・交換サービス事業のためにMSB(貨幣サービス事業)として登録済みです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B