OKCoinの北京オフィスに身元不明のグループが押し入る、損失の補填を要求か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

OKCoinの北京オフィスに身元不明のグループが押し入る、損失の補填を要求か

OKCoinの北京オフィスに身元不明のグループが押し入る、損失の補填を要求か

OKCoinによると、今月11日に身元不明の数十名が同社の北京事務所に強制的に侵入し、品物を壊し、従業員を階段から突き落とし、脅迫したという。事件において、重大な身体的暴力や傷害はなかったと伝えています。

OKCoinは以下のように述べています:

「10月23日の午後14時ごろ、十数人の未確認の個人がOKCoin北京事務所に押し入った。エレベーターを叩き、ドアを傷つけるなど暴力的手段を用いた。…彼らは当社の従業員を脅し、侮辱し、オフィスの備品を壊すなどした。会社の従業員の安全は、当社の通常業務に影響します。…当社はすでに警察を報告しています。警察は関連するすべての要員を連行した。当社は、悪質な事件を調査するために警察と協力しています。」

集団は身元情報の開示を拒否し、OKCoinユーザーであるかどうかはわかりませんでした。しかし、詳細なOKCoinの声明によると、背後にいる「Zhang Mouqing」という一個人がこれらのグループに支払い、「権利」の復元を申し立てていると主張しています。

OKCoinは以前、中国最大の暗号通貨取引所の1つでしたが、政府当局によって中国向けのサービスが閉鎖されました。したがって、より国際的な片腕である取引所OKExがその後台頭しています。OKCoinは、先述の「不法占拠の権利擁護者」は、このOKExに対して異議申し立てをしていると主張しています。

OKCoinによると、押し入りに関与したLi Moudongと前述のMouqingの2個人は、「海外取引プラットフォーム(OKEx)で損失が発生した後に、何度か当社に来た事がある」という。

「取引所が個人アカウントの資産を凍結してリタイアさせたため、このユーザーは取引を続けるよう要求し、資産を精算することに同意しなかった。」

損失が発生した資産はおそらくWFEECoinと見られています。WFEECoinは、Weshare社のWiFiプロジェクトに関係しているトークンで、OKCoin創設者Star Xu氏は、問題の投資家がWFEEを所有していると見ています。

Star Xu氏自身もまた、先月、7、8人に囲まれました。当時、ベンチャーキャピタルのOK Blockchain Capital(OKBC)はWFEEに投資していたのではないかと報じられました。しかし、OKBCはこれを否定しています:

「OKグループの創業者Star XuがWFEEの株主だという噂はフェイクです。StarにWFEEとその会社との持分関係はありません。」

WFEEは以前、OKExに上場していました。6月には価格のスパイクと同月中の急下降を観測しました。8月にOKExはWFEEの上場廃止を発表。よって、6月のスパイク時にトークンを購入して保有し続けていた人は、かなりの損失を抱えています。OKCoinは以下のように警告しています;

「投資家は、デジタル資産が高い価格変動と高い投資リスクを伴う革新的な投資商品であることを忘れてはいません。平凡なユーザーは、デジタル資産プラットフォームのハイリスクな投資活動に参加すべきではない。」

現在、一部の投資家は損害賠償を求めているかのような、一連の抗議活動を繰り広げているように見えます。

しかし、企業オフィスに押し入ったのはこれが初めて、行動がエスカレートしているため懸念されます。通常、紛争は法廷に持ち込まれますが、OKExは中国に拠点を置かないため、投資家は圧力をかける手段を選択しているようです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B