OKExやHuobi取引所が米ドルコインを追加する背景、「テザー・プレミアム」が話題に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

OKExやHuobi取引所が米ドルコインを追加する背景、「テザー・プレミアム」が話題に

OKExやHuobi取引所が米ドルコインを追加する背景、「テザー・プレミアム」が話題に

今週、テザー(USDT)の価値が基準値1ドルを大幅に下回り市場は揺れました。複数の暗号通貨取引所はテザーへの依存状態を懸念したかのように、数種類のステーブルコインを追加しています。実際に、投資家はUSDTに関連するリスクに高い関心があり、USDTを上場している暗号通貨取引所で「テザー・プレミアム」が起きる場合があります。

USDTのようなステーブル(価格安定)コインは、米ドルと1:1の価値で完全に交換可能、というコンセプトで設計されています。しかし最近はUSDTの価値が不安定です。そのため、コミュニティはテザーのリスクプレミアムを把握する目的で、ウェブサイト「Untether.space」を作成しました。

このサイトは、主要な暗号通貨取引所から、テザー(USDT)建てと米ドル(USD)建ての2つのビットコイン価格を平均化して追跡します。

この情報は暗号通貨市場がいかにテザーされているか(つながれているか)を示してくれます。1テザーが1米ドルと同等で「完璧な」状況では、取引所間でビットコイン価格に違いはありません。

しかし、15日のようにUSDTが0.95ドル~0.9ドルへ下落していれば、1BTCあたりの購入コストが米ドル(USD)より、テザー(USDT)が割高になります。

フオビのような正当な銀行パートナーがいない(法定通貨に対応していない)暗号通貨取引所は、米ドル(USD)の代わりにテザー(USDT)などのステーブルコインを使用しています。

本来テザーは1米ドルと同価値とされますが、かねてよりコミュニティの不信感が高まっていることもあり、テザー(USDT)の価格は切り下げられました。今週、テザーの価値は大幅に下がり、時には0.95ドルを下回りました。

市場の見えない手は、テザーを使用している暗号通貨取引所をリスクと判断したかもしれません。このリスクがUSDTによる「テザープレミアム」として市場で顕在化しています。現在、USDTのユーザーは、同量のBTCを購入するのにUSドルより5%多く支払っています(0.95ドル時点)。

この指標はUSDTの不安定さを示しています。重要な点は「リスクプレミアム」が高いほど、テザーは1ドルの価値から乖離します。いずれにせよ、こうした問題は時間が経過すれば解消されるかもしれません。

今月、バイナンス、OKEx、Huobi、Kucoinなどの主要な取引所がテザー(USDT)以外のステーブルコインを急速に上場しました。現在の配置は上記の通りです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B