TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは
 

TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは

TRONとNEOの共通点
両社は「処理がより迅速で、スケールするブロックチェーンの構築」によりイーサリアムに対抗する狙いを持っていた。どちらも中国に本社を置く企業で、時価総額も1,700億円前後と似通っている。その2社が、BitTorrentの買収に名乗りを上げた。
TRONの狙いとは
BitTorrentの「脱中央集権化したウェブ」というアーキテクチャ構想は、今日のトークンブームの先駆けとも言えるものである。TRONがBitTorrentでの役割を早急に明確にすることが待ち望まれる。
BitTorrentとは
ブラム・コーエンが開発した、P2P技術を用いたファイル転送用プロトコル、およびその通信を行うソフトウェア。2003年に初版が公開された。現在ではフリー/オープンソースソフトウェアのほか、様々な音楽/映画/商用アプリケーションがBitTorrent経由で配信されている。一方で膨大なネットワークトラフィックを占有することが問題視されることもある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

TRONとNEOの入札競争

先に、ブロックチェーンプラットフォームTRONの創業者Justin Sun(ジャスティン・サン)氏が、分散ファイル共有サービスのBitTorrentを買収したことが話題になりましたが、実はTRONは唯一の入札者でも、最高額入札者でもなかったことが判明しました。

複数入札ということは、TRONの他にもBitTorrentの買収に興味を示す企業があったということです。

その競合相手は、中国の仮想通貨/ブロックチェーンプロジェクトのNEOでした。

NEOの投資部門トップの朱威宇(Weiyu Zhu)氏の発言、および複数の内部文書によると、NEO/NGCの入札額は1億7,000万ドル(約189.5億円)で、TRON側の入札額1億2,000万ドル(約133.8億円)を500万ドル(約55.7億円)上回っています。

しかし、最終的に入札に勝ったのはTRONでした。

共通点の多い両社

TRONによるBitTorrent買収が大きく報じられたのは、2018年6月のことでした。

観測筋からは、TRONが買収を行う狙いの1つに、BitTorrentの膨大なユーザー基盤にあるのではないかとも見られていました。

そしてその手法は、処理がより迅速で、スケールするブロックチェーンの構築です。

この点で、TRONとNEOはライバルとして同じベクトルを持っていました。

2018年7月にTRONは、そのネットワーク立ち上げの主旨として「インターネットの脱中央集権化」を掲げました。

入札争い

米国当局と世論の影響

改めてTRONの狙いを振り返る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B