XRPフィッシング詐欺グループが逮捕される、日本人被害者37名、被害額約9,000万円

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

XRPフィッシング詐欺グループが逮捕される、日本人被害者37名、被害額約9,000万円

XRPフィッシング詐欺グループが逮捕される、日本人被害者37名、被害額約9,000万円

9月13日、ソウル警察のサイバー犯罪部とFBIの合同捜査により、韓国と日本の数十人の被害者から9億ウォン(約9,000万円)相当のリップル(XRP)を盗んだ、フィッシング詐欺の犯人グループが逮捕されました。

韓国メディアJoonAng Ilboによると、事件に関与した主犯AとそのスタッフBの2名が現在までに逮捕されています。スタッフB(42歳のプログラマー)は、フィッシングサイトを複製するために雇われました。3人目の共犯者、日本の暗号通貨取引所オペレータCについて、現在も捜査が進められています。

主犯Aはターゲット・リストを収集するために、面識のあった日本の暗号通貨取引所のオペレーターCにコンタクトを取り、日本の取引所の会員情報を収集した。この際、携帯電話認証など追加の認証が不要で、ユーザ名(ID)とパスワードのみでパスワードの変更が可能なユーザーだけ選別された。

昨年7月、主犯AはスタッフBとフィッシングサイトを作成。その後、実際の暗号通貨取引所のEメールアカウントを偽装して、ユーザーに「資金が凍結された。暗号通貨を特定のサイトに移管しなければ、今後コインを使用することができない」という内容のEメールを送信。メールにはフィッシングサイトへのリンクを添付した。

被害者47人(韓国人17人及び日本人30人)から約200万リップル(単位XRP)を自分たちのアカウントに不正に移動させ、Aらは現金約4億ウォンを引き出した。一度に大量の暗号通貨を動かすことの疑いを恐れ、ビットコインなど他の通貨にロンダリングして引き出す作業も行った。捜査機関の追跡を避けるため、海外のホスティング会社を利用する緻密さも見せている。

さらに昨年12月、Aらは再犯に及んだ。当時、リップル(XRP)の価格は7月比20倍に上昇していた。Aらは同様の手口で被害者14人(韓国及び日本人各7人)から約39万リップル(XRP)を奪取。約5億ウォンの現金を追加で引き出した。しかし、この犯行は、捜査に着手していた米連邦捜査局(FBI)の捜査で摘発された。

詐欺は韓国と日本の住民をターゲットにした物だが、リップル社が米国企業であったために、FBIも参加することになった様だ。

ソウル東部地検サイバー捜査部は、13日に主犯Aの身柄を拘束し、スタッフBは在宅起訴したと発表した。日本人Cは所在不明を理由に起訴を中止、日本の刑事司法当局の協力手続を経て、処罰が行われる予定だ。

主犯Aは盗んだ9億ウォンのうち、自分が得た7億ウォンの収益を、高級マンションや5つ星の宿泊施設の支払い、高額商品やサービスの購入、生活費に充てたという。彼は暗号通貨や現金について、現在は全く残っていない状態だと主張している。

捜査によると、主犯Aは2014年に取引所を運営していたが、ハッキング被害を受けて資金すべてを失った過去を持つ。当時のユーザー情報は今回の詐欺メールの送信先リストに含まれた。

この事件は韓国初の暗号通貨のフィッシング事件であり、いくつか独特な立法上の障害に直面している。

韓国の警察は、犯罪の性質上、犯人の他の資産を法的に凍結・没収することはできない。韓国の法律の下で暗号通貨はリーガル・テンダーとみなされない。検察官によると、詐欺の被害者は補償されることは難しいと語った。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B