ZilliqaのパブリックブロックチェーンはShardingで秒間2500件の取引処理を実現

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ZilliqaのパブリックブロックチェーンはShardingで秒間2500件の取引処理を実現

 これからの未来を創る「ブロックチェーン」の可能性を探求するカンファレンスイベント「BlockChainJam 2018」が10月21日、東京・六本木アカデミーヒルズのタワーホールにて開催された。イベントレポート第3弾となる本稿ではカンファレンス第2部で行われたブロックチェーンプロジェクトの概要解説から、シンガポールのブロックチェーン企業Zilliqa Research Pte. Ltd社・ビジネス担当のEn Hui Ong氏による「Zilliqaの概要」および「パブリックブロックチェーンをスケールアップする技術」について詳細を報告する。なお、イベント概要については、「仮想通貨・ブロックチェーンの課題を解決する最新技術を知る『BlockChainJam 2018』」の記事にてレポートしているので併せて読んでいただきたい。

Zilliqa社ビジネス担当のEn Hui Ong氏

 Zilliqa(ジリカ)は、シンガポール国立大学の研究者によって設立されたプロジェクトで、Dappsにおける高スループット、安全性の高いスマートコントラクト、取引の格安手数料を目指して開発された仮想通貨およびブロックチェーンだという。Zilliqaのデータ処理能力は、1秒で2500件のトランザクションを処理できる機能を有するそうだ。

引用元はこちら
当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B