シンガポール証券取引所がNasdaqらとブロックチェーン導入へ、Project Ubinを活用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポール証券取引所がNasdaqらとブロックチェーン導入へ、Project Ubinを活用

シンガポール証券取引所がNasdaqらとブロックチェーン導入へ、Project Ubinを活用

シンガポール証券取引所はシンガポール金融中央銀行(MAS)と共同で、証券決済の効率化を目的としたブロックチェーン技術の導入計画を発表しました。技術パートナーにはナスダックやデロイト等が参画。Project Ubin(プロジェクト・ウビン)のコードベースを利用する当プロジェクトは11月に詳細なレポートが発表されるという。

シンガポール証券取引所(SGX)は金曜日、DVP(Delivery Versus Payment)能力の拡大を目的に、スマートコントラクトを利用した取引の自動化を目指していると述べました。DVPは証券の決済プロセスのひとつで、証券の受渡しと資金の決済を同時に行うことです。

シンガポール証券取引所(SGX)とシンガポール金融中央銀行(MAS)は、金融機関と投資家が異なるブロックチェーンプラットフォームを通じてデジタルトークンに変換された証券を取引する分散型ネットワークの構築を目指します。

技術的パートナーにはナスダックやデロイト、ブロックチェーンスタートアップAnquan Capital Pte Ltdの3社が指定されています。

この技術は2016年にMASが開始した分散型元帳技術による銀行間取引のテストイニシアティブ「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の最新のオープンソースコードに基づいて設計されます。

リリースによれば、重要な設計上の考慮事項を特定して調査した上で、詳細な報告書が今年11月に発表される予定です。

SGXの技術責任者であるTinku Gupta氏は、「このイニシアチブはブロックチェーン技術によって資金移動と証券取引を効率的に結びつけます。これにより、DVPプロセスにいて、バイヤーと売り手のリスクを排除します。」と語っています。

今月、世界銀行は最初のブロックチェーン債券「Bondi」を7,300万ドル(約80億円)相当起債する予定であると報じられました。コモンウェルス・オーストラリア連邦銀行(CBA)は世界銀行の発行の単独幹事として選ばれています。また、オーストラリア証券取引所は、2020年からブロックチェーン技術を導入した株式取引のコスト削減を目指しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B