デリバティブ仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)、世界最高水準の香港オフィスを借りる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

デリバティブ仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)、世界最高水準の香港オフィスを借りる

デリバティブ仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)、世界最高水準の香港オフィスを借りる

香港エコノミータイムズは、デリバティブ仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)が世界で最も高額なオフィスの一つと契約したと報じました。BitMEXは香港島北部中西区の金鐘地区の超高層ビル「長江センター(Cheung Kong Center)」の45階全体を占めるという。

新たなオフィスのスクエアフィート(sqf)あたりの平均賃料は28.66米ドルとされます。これまでのビクトリアハーバー物流倉庫地区3.18米ドルで、比較して9倍以上になる見込みです。仮にフロア全体が20,000スクエアフィート(1860平米*)と想定すると、毎月のリース費用は573,200ドル(約6300万円)になります。1坪あたり11.29万円と算出されます。*平米数×0.3=坪数

香港エコノミータイムズによれば、BitMEXは当初半分のフロアを望んだが、フロア全体を占有する必要があったという。BitMEXが支払う1スクエアフィートあたり28.66米ドルは、7年前に同ビルオフィスに支払われた水準(26.75米ドル)よりも値上がりしている。

世界で最も高価な不動産価格を誇る香港は、他にもハイプロファイルなクリプトとブロックチェーン企業を引きつけてきました。EOS.io開発会社Block.Oneは香港のセントラルプラザに16,600スクエアフィートのスペースをリースしています。

BitMEXは、香港の証券市場規制機関および主要な多国籍銀行とビルを共有する事になります。長江センター(Cheung Kong Center)には以下のような企業が入居しています;
バンク・オブ・アメリカ、バークレイズ・ピーエルシー、ブルームバーグLP、ゴールドマン・サックス、香港証券先物事務監察委員会。

香港最大の多国籍企業である長江和記実業(CK Hutchison Holdings Limited)もまた、長江センターを拠点としています。

最大100倍のレバレッジをかけたビットコインのマージン取引ができるBitMEX(ビットメックス)取引所は、BTC取引量の面で市場全体の40%を占めると指摘されています。

22日の事前に告知されたメンテナンスが開始された同時刻、ビットコインの価格が1分間で300ドル増加して6,745ドルに到達しました。メンテナンス終了後、BitMEXユーザーのショートポジションがクローズされ、さらに4%の高騰に寄与した可能性が推測されました。

コインマーケットキャップに反映されているBitMEXの24時間のビットコイン取引量は4,054億円(572.587BTC)。同社は8月初旬にイーサリアムの対米ドル取引ペアを追加しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B