ブラジルのBitinka取引所で、ビットコインプレミアム(価格乖離)が継続的に観測される

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブラジルのBitinka取引所で、ビットコインプレミアム(価格乖離)が継続的に観測される

ブラジルのBitinka取引所で、ビットコインプレミアム(価格乖離)が継続的に観測される

ビットコインの価格が他国と比べて高い場合、プレミアムと言われます。世界中の国々でプレミアムが観測されており、韓国では昨年末に15~25%乖離していました。最近、ブラジルの取引所では継続的に約300ドル(約3万3千円)、4.5%のプレミアムが観測されているという。トラストノードが報じました。

南アフリカのビットコイン価格は継続的に6%のプレミアムが確認されています。アフリカ諸国ではGDPに対する暗号資産の所有率が高いというシティグループ報告もあります。トルコにもプレミアムがあり、これは最近20%下落したトルコリラの不安が起因します。

そして、ブラジルの多くの取引所では、ビットコイン価格に300ドルのプレミアムが観測されています。過去24時間の取引量が約2,500万ドル(市場で53位)の取引所Bitinkaのデータによると、対ブラジルレアル(BRL)市場にプレミアムが見られます。BitinkaはクーコインやHadaxと同規模の取引所です。

ホームページを見ると、ユーロやドルを含む10通貨別の価格が表示されています。1ビットコインは25,832レアル(6,700ドル)、同時期のグローバルな取引所の価格は6,400ドル なので約300ドル、4.5%のプレミアムがあります。

500万人のユーザーを抱える別の取引所FoxbitのBRL市場のビットコイン価格は25,506レアル(6,650ドル)です。対USD市場を見ても6556.25ドルと、グローバル市場の6,400ドルに対して150ドルのプレミアムを示しています。

3つもの取引所NegocieCoinも同様にブラジルレアルに対して300ドルのプレミアムがあるため、おそらく全国的な現象だと考えられます。

トラストノードによると、この要因を中南米の一部を巻き込んだ通貨危機による、ビットコインへの需要の高まりを挙げています。

ベネズエラの10万分の1の通貨切り下げ(デノミ)を始め、アルゼンチンも今夏の初めにインフレ率が25%を越える状況が続いていると報じられました。ロイターの報道によるとブラジルのレアルも今年に入って10%下落しています。

ブラジルのインフレ率は先進国より高いものの、それでも4%強とみられています。ブラジルの近隣諸国がビットコインを買ってプレミアムを引き起こしていると考えるには、アルゼンチンやコロンビア・ペソに対するプレミアムが無いため、疑いがあります。

そのため、こうしたブラジルのプレミアムはブラジル国内でのビットコインの普及の促進、そして近隣諸国の通貨不安の組み合わせによるものだと、トラストノードは推測しています。

「普及の理由の1つは、よく言われるような銀行システムの不足かもしれません。ブラジル人はタンス預金よりも、ビットコインの貯蓄に少なくとも一部を保管している可能性がありそうです。」

ブラジルの規制状況は、比較的中立であるように見えます。今年3月、ブラジルの国営銀行は、公共入札の透明性を高める目的で、イーサリアムのパブリックブロックチェーンを使ってレアルをトークン化しました。

トラストノードはブラジルの既存の技術力と今後の可能性を指摘し、「同国でのプレミアムがビットコインの普及と、西欧よりもわずかに高い金融不安定性のためである」と推測しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B