ブロックチェーンは現在”幻滅期”に?米の大手調査会社が先進技術が世に普及されるまでのロードマップを描いた「ハイプサイクル2018」を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーンは現在”幻滅期”に?米の大手調査会社が先進技術が世に普及されるまでのロードマップを描いた「ハイプサイクル2018」を発表

ブロックチェーンは現在”幻滅期”に?米の大手調査会社が先進技術が世に普及されるまでのロードマップを描いた「ハイプサイクル2018」を発表

リサーチとアドバイザリー企業ガートナーは、「先進技術のハイプサイクル2018(the Hype Cycle for Emerging Technologies 2018)」を発表しました。その中で、ブロックチェーンはハイプサイクルの第3段階「幻滅期」に突入していると示しました。

1、黎明期(Innovation Trigger):メインストリームへの最初の突破口
2、過剰な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations):初期の宣伝が多くの失敗を伴い、多くの成功事例を生み出し、急上昇のピークを経験
3、幻滅期(Trough of Disillusionment):製品への関心が低下。プロジェクトが放棄したり失敗する
4、啓蒙活動期(Slope of Enlightenment):技術がよく理解され事例が結晶化。企業の第2・第3世代のパイロット版が作られる
5、生産性の安定期(Plateau of Productivity):大衆に普及、プロバイダーの評価基準が定義づけられ、技術市場の適用性がペイオフ

ガードナーは幻滅期に直面している技術について、「開発を継続しているプロバイダが製品を改善し、アーリーアダプターを満足させることができれば、投資家を呼び込み続ける。」と定義づけていた。

ガートナー社リサーチVPのマイク・ウォーカー氏は、「デジタル化されたエコシステム技術は、ハイプサイクルの道を早めている。ブロックチェーンとIoTプラットフォームは現在のところピークを迎えており、今後5年から10年で成熟すると考えています。」と語っています。

ガートナーのハイプサイクル2018は他に、人工知能(AI)、DIYバイオ、透過的没入体験、ユビキタスインフラスなど主に4つの新興技術が占めていた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B