ライトニングネットワークの容量が100 BTCまで劇的に増加、集中化に反論も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ライトニングネットワークの容量が100 BTCまで劇的に増加、集中化に反論も

ライトニングネットワークの容量が100 BTCまで劇的に増加、集中化に反論も

ビットコインのメインネット上でアクティブなライトニングネットワークは、8月に3,000ノード、100 BTCの容量を越えようとしています。

ライトニングは、ビットコインのスケーリングの問題(トランザクションが最大7つ)に対処するソリューション技術です。スマートコントラクトを使用して、参加者のネットワーク間で即座に支払いを行う分散型ネットワーク。ノードの参加者が増えるほど、ネットワークの性能(速度や手数料の安さ)が向上するとされる。

モニタリングサイト1ml.comのデータによると、ライトニングネットワークの容量が過去30日間で75%増加したことが観測できます。これによりメインネット・ライトニングの総容量は97 BTC(628,000ドル換算)に拡大しました。ノード数は3062となっています。

ライトニングはメインネットを2018年の初めにリリースして、Q2を通して成長が加速しました。ツイッター上の分析家Kevin Rooke氏によると、5月までの容量はわずか18 BTCで比較的低いままですが、7月に劇的に増加したという。

6月には大口のノードが悪戯に35.4 BTCの容量を抱えてネットワークに参加して、瞬間的にサイズが2倍になりました。しかし、現在はそうしたノードはすべて消え、あまり知られていないエンティティが容量カウントを構成しています。

ライトニングが拡大し続ける一方で、この技術は時々批判を受けており、支持者たちは現在これに反論しています。

ある開発者StopAndDecryptは、ライトニングのノードが「集中化」しているというDavid Shares氏の指摘に対して、視覚的な縮尺地図や表現方法が集中化の錯覚を引き起こしていると反論しました。

「このネットワークグラフは、ライトニングネットワークの表現としてあなたは本当に粗末な仕事をしています。遊ぶのは楽しいでしょうが、皆を分析の不公平に巻き込んでいます。」

印象は抜きにしても、批評家はビットコインを実装するビジネスが増える中で、現状のライトニングのトランザクション処理能力について疑問を投げかけています。

現状では約3セント以上の取引は成功する見込みが無いという説もあります。開発者は堅牢性の向上に注力していますが、この数値ではまだ少ないようです。

ネットワークは、ライトコイン創設者のチャーリー・リー氏を含む主な支持者から引き続き支援されています。リー氏はライトコインとビットコインから始まるライトニングの様々な実装が「究極の分散型取引所」を形成すると考えています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B