リップル(XRP)はレジスタンスラインを抜け上昇チャートを形成、今後更なる上昇をみせるのか?-8月5日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル(XRP)はレジスタンスラインを抜け上昇チャートを形成、今後更なる上昇をみせるのか?-8月5日チャート分析

リップル(XRP)はレジスタンスラインを抜け上昇チャートを形成、今後更なる上昇をみせるのか?-8月5日チャート分析

7月は下落チャートを形成してきた仮想通貨リップル(XRP)でしたが、8月に入り上昇方向の値動きをみせています。7月4日には8月からのレジスタンスラインを抜け、更なる上昇をみせています。リップルは今後も上昇を継続するのでしょうか?チャートをみていきます。

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。7月31日に0.0000538BTC台まで底値をつけたXRPは8月に入り0.000060BTC台まで上昇します。0.000060BTC台接触後はすぐに反落を起こし、ローソク足には長い上ヒゲを形成しています。その後のげらくは0.000056BTC台まで下落後、再び上昇、二度目の0.000056BTC台への接触となりました。しかし二度目の0.000060BTC台接触も再び反落を起こし、XRPチャートでは0.000056BTC台がレジスタンスラインとして機能していると判断できます。二度に渡りレジスタンスラインに反発を受けたBTCでしたが、反落後の下値は大きく切り上げる形となりました。7月4日には、ここまでのレジスタンスラインにあたる0.000060BTC台を遂に突破し、そのまま0.0000625BTC台まで上昇まで上昇します。0.0000625BTC台接触後は再び反落を起こしていますが、これまでのレジスタンスラインである0.000056BTC台でしっかりと下支えされており、レジスタンスラインからサポートラインに切り替わっていることがわかります。レジスタンスラインをサポートラインに切り替えて上昇しているXRPは綺麗な上昇チャートを形成しだしたこととなります。

XRP/BTCの日足チャートをみていきます。7月31日に0.0000538BTC台まで下落したXRP、この0.0000538BTC台という価格帯は7月24日にも接触している価格帯です。二度に渡り底値に接触したXRPはダブルボトムが形成されていることになります。更にダブルボトムのネックラインは0.0000573BTC台となります。既にネックラインも大きく抜けたXRPはダブルボトムが完成し、今後はトレンド転換の可能性が高まってきました。上昇トレンドの可能性が高まっているXRP、6月4日からの下落トレンドラインにフィボナッチリトレースメントを引いた場合、フィボナッチ比率となる価格帯は現在の上値でもある0.0000625BTC台となります。フィボナッチ比率の価格帯に接触したXRPは一度反落の勢いが強まる可能性があります。0.000060BTC台というレジスタンスラインをサポートラインに切り替えたXRPにとってしっかりと下支えできるかどうかに注目しましょう。上昇を目指したいXRPにとってフィボナッチ比率上では、次に目標とする価格帯を0.000068BTC台となります。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B