仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る
 

仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る

仮想通貨ビットコインのホワイトペーパーが10周年を迎える|昨今の政経変遷を回顧
ビットコインの論文:『ビットコイン:P2P電子マネーシステム』がいよいよ日本時間10月31日をもち、10周年を迎える。この革命的決済システムの誕生と発展にまつわる重要な歴史を振り返りながら、ビットコインの今後を展望した。

金融危機とビットコイン

2018年10月31日はビットコインの論文
(ホワイトペーパー)が発表されてから10周年となる。

この発表は世界の金融システムのあり方そのものを変えたと言っても過言ではない重大な出来事とされている。

これまで、世界各国の中央銀行により管理されていた金融システムが「非中央集権化」により分散化され、特定の機関により管理されないというこれまでの概念から言えば非常識的とも言えるシステムだったかもしれなかった。

ビットコイン以前の歴史

ビットコインという世界初の暗号通貨自体は2008年まで存在しなかったが、概念としては1982年まで遡る事ができる。

彼が考案した新しい暗号により自動的な送金システムを創れるという現在の仮想通貨の発祥とも言えるアイデアとされている。

しかし残念な事に事業はうまくいかずに90年代後半には倒産している。

そして、1998年には現在のビットコインに非常に近い概念が新たに2つ発表された。

それが、Wei Dai氏の「b-money」とNick Szabo氏の「Bit Gold」というProof-of Workを使い中央銀行の様な第三者に支配されない現在のブロックチェーンに近いシステムが論文として発表されたが、残念ながらもそれ以上先に進む事は無かった。

実在の人物かも不明で、また複数によるグループに使われた仮名とも言われているが、サトシ・ナカモトと呼ばれている人物は数年に渡る研究を続けた後、2007年からビットコインのコードを書き始めたと言われている。

『世界的経済危機』

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B