仮想通貨市場でテザー(USDT)の影響力が衰えていると米リサーチ会社が指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨市場でテザー(USDT)の影響力が衰えていると米リサーチ会社が指摘

仮想通貨市場でテザー(USDT)の影響力が衰えていると米リサーチ会社が指摘

米ドルにペッグされたテザー(USDT)は、ビットコインの価格操作に利用されているのではないかと投資家に指摘されてきました。8月には、5億ドル(約550億円)ものテザー(USDT)トークンが発行されたことが観測されました。しかしビットコインの価格は15%下落しています。テザー(USDT)を使ったパンプアップが困難になっている。ブルームバーグが報じました。

今年6月、テキサス大学のジョン・グリフィン教授は、論文「ビットコインは本当に非テザーか?(Is Bitcoin Really Un-Tethered?)」を発表して、テザーが昨年末のビットコイン価格の高騰に利用された可能性を主張しました。

テザーはBitfinex(ビットフィネクス)の関係会社Tether Ltdによって発行されます。Griffin氏は、「テザー(USDT)は発行されると、ほぼすべてのコインがBitfinexに移される。そして価格が下がると、Bitfinexと別の主に2つの取引所からビットコインを統制された方法で購入している。」とブルームバーグのインタビューで語りました。

論文では「全体の1%に満たない時間で行われたテザーの取引が、ビットコイン価格高騰の50%、そして他の上位仮想通貨の価格上昇の64%に結びついています…テザーによるビットコイン購入のタイミングは、500の倍数の少し下。このパターンはテザー発行の時期に観測できた。」と指摘していました。

さらに、最近のChainalysis(チェインアナリシス)社のレポートによると、テザーはアルトコインの価格操作にも関わってきたという。昨年、USDTがイーサリアム、ライトコインの高騰の約85%の確率で影響した。今年1月から6月の間には、EOSとNEOでテザーの使用と高い相関関係を維持してきたという。

Chainalysis社によると、「主要な仮想通貨でオンチェーンの取引活動が減少し、トレーダーはより新しく小規模のアルトコインに流れた。それらのテザー取引ペアでの高いボラティリティがパンプ&ダンプ活動の典型的な兆候を示した。特定の取引量における突然の急激な上昇に続く急激な低下は、価格操作の特徴である。」と指摘しています。

Omniブロックチェーンのデータによると、8月に5億1500万ドル相当のテザー(USDT)が発行されました。Chainalysisは、「発行後全てのテザーは、Tether社の直接のクライアントであるBitfinexを通過します。…Bitfinexから、テザーの約80%がBittrex、Poloniex、Huboi、OKEx、Binance、およびKrakenの6つの他の取引所に移されています。」と指摘した。

しかしこれまでのところ、EOSとNEOの価格は上昇していません。コインマーケットキャップによると、7月30日から8月21日の間にEOSは37%低下、NEOは44%低下しました。

ブルームバーグの取材に対しBitfinex社とTether社のスポークスマンであるLiam Murphy氏は、コメントを拒否しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B