次世代分散型台帳、DAG採用のヘデラ・ハッシュグラフが投資ラウンドで1億ドルを調達

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

次世代分散型台帳、DAG採用のヘデラ・ハッシュグラフが投資ラウンドで1億ドルを調達

次世代分散型台帳、DAG採用のヘデラ・ハッシュグラフが投資ラウンドで1億ドルを調達

1秒間に数十万回のトランザクションが可能であると実証されている次世代公開分散型台帳プロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)」は、最新の投資ラウンドで1億ドルを調達しました。

ベンチャービートによると、ダラスに本拠を置くヘデラ・ハッシュグラフは、機関投資家からの先物契約セールで1億ドル相当の資金を調達しました。今後、適格投資家向けにICO公開セールを行い、2,000万ドルの資金調達を目指します。

ハデラCEOのマンス・ハーモン氏は、主要な投資企業を明かしていませんが、ブロックタワーキャピタル社のAri Paul氏が貢献したと述べています。

ヘデラ・ハッシュグラフは、今年初めにプライベートトークンセールによって1,800万ドルを調達していました。

ハーモン氏は、ハッシュグラフはセキュリティとパフォーマンスの両方を提供する最初のブロックチェーンベースのプロダクトだと主張して、以下のように述べています。

「巨額の投資はマイクロペイメントの改善や仮想通貨業界の停滞している側面など、他のブロックチェーンネットワークに対するハッシュグラフの優位性を示しています。」

ヘデラは、独自の“ハッシュグラフコンセンサス”プロトコルに基づいた商取引および小額決済ネットワークの開発を目指しています。フォーブスによると、ヘデラはブロックチェーンではなく、独自の有向非巡回グラフ(DAG)モデルを採用しているという。

このプロトコルは「シャーディング」モデルで動作します。つまり、ノードは近接度に応じてクラスタに接続され、1つのシャード内で1秒あたり推定「数十万回のトランザクション」を処理します。これと比較して、ビットコインは毎秒2.7トランザクション、イーサリアムで毎秒26トランザクションの処理数です*。TPS:(Transactions Per Second)

ハーモン氏は、ハッシュグラフネットワーク上でより多くのクラスタが存在すると、「1秒間に何百万件ものトランザクションを処理する」可能性があると語っています。

ホワイトペーパーでは、ビットコインやイーサリアムのようなプロトコルの手法(PoW)とは別の、参加者間の信頼関係を必要としない分散型のコンセンサスアルゴリズムaBFT(実用的ビザンチン・フォールトトレラント)を紹介しています。

確実に安全だが実質的に遅いプルーフオブワーク(PoW)を使用する代わりに、ハッシュグラフは「仮想投票コンセンサスアルゴリズム」を使用して、他の仮想通貨よりも1,000倍も高速にトランザクションを処理するという。

ハッシュグラフは、資金調達の多くを小額決済システムの開発に活用し、ノードクラスタのネットワークを強化することを目指しています。しかし、ハーモン氏はプロトコルがマ小額決済を超えて拡張され、未来的なIoTマイクロ経済での使用を視野に入れています。

ハデラ・ハッシュグラフカウンシルは2017年に39社の企業によって設立されました。組織はプロトコルの不都合な集中化が起きないよう作用します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B